2016年07月08日

ジェベル250XCのステータコイル(オルタネータ)を取り外してみよう 

ジェネレターカバーのオイル漏れの繋がりで書いてみました
ジェベル250XCの持病?でオルタネータが逝ってしまい発電ができなくなりエンジンが始動できなくなる場合があるそうです ジェベル250XCのステータコイルは持病なのかネットで調べていると発電不良で交換されている方をよくみます ステータコイルを新品に交換すると値段は2万円強... 壊れないでくれよ...!!


〜ステータコイル取り外し編〜

用意するもの
・プラスドライバー

先にジェネレターカバー外します ここは記事にしていますので下記をリンクしてください

‘ジェベル250XCのジェネレーターからのオイル漏れを直してみよう 分解編’


ステータコイル、センサ、配線を固定しているプラスネジ6箇所を外してステータコイルをジェネレターカバーから取り外します
DSCN4071_R.JPG

取り外したステータコイル
DSCN4064_R.JPG

組立は次回に続きます



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。