2016年07月13日

2016年 北海道ツーリングPart2.5

2016年 北海道ツーリングPart2の林道編

名称の後に続いている数字はツーリングマップルでのおおよその座標位置
例 会津若松IC(18 D-7) ツーリングマップル東北2010年度版より

このページでの座標データはツーリングマップル東北2010年度版です

野宿した道の駅よこはま(99 H-1)から、遠くないところに林道があったので、この旅初めての林道へ

有畑林道(101 J-7)
陸奥湾から太平洋へと抜ける林道 峠からは老部川林道に繋がり太平洋へと抜ける
全長は地図上だと14.5km 
ありはた方面から入ると緩い勾配が続き峠へとゆく 道はしまっていて道幅もあり走りやすいいが、峠をすぎ老部川林道へと入ると急激に道が悪くなるのが印象だ この峠から先は自動車での走行はできなくはないと思われるが無理はしないほうが良いと思われる 
支線は数箇所ほどあるが林道名を表記する看板が立てられているので道に迷うことは少ないと思われる

目印としては、ありはた駅があるのでそこを目指す ここをすぎると風力発電の風車があるので、そこからが林道へつながる
目印の風車
DSC_0081_R.JPG

ここから田んぼ伝いにダートが始まり有畑林道へと接続
有畑林道の入口
DSCN3680_R.JPG

林道には熊出没の看板が立てれているのは、よく見る光景だけど、ここで見た看板はいままで一番インパクトが強く頭からなかなか離れてくれない

続きを読む
posted by marchyoo at 16:56| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

2016年 北海道ツーリングPart2

6月11日 晴れ 走行距離290.1km

昨日の移動が体に響くかなぁ... と、思ったが起きてみると、それほど疲れていなかったのが嬉しい 
野宿した道の駅よこはま
DSC_0075_R.JPG

手始めに目をつけていたダートへ向かう これは後日書く予定です

さて、ダートを抜け現在地確認をマップでしていると、少し走ったところに尻屋岬が目に入ったので向かうことに
岬に近づくと大規模な採掘施設があったのが印象的 この施設をすぎると踏切のようなものがあって、それをくぐって尻屋岬へと行くのだが、なぜこの踏切があったのか最初は疑問に感じたが、その答えは直ぐにわかった
道を進むと道路上になんとも、でかい動物がいるのが見える なんだあれは?
DSC_0092_R.JPG

続きを読む
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

2016年 北海道ツーリングPart1

〜6月10日 晴れ 移動距離543.0km 燃費30.9km〜
ルート 新潟県〜酒田〜青森県横浜市

いつでも出発できるように荷物をまとめておいた愛車のジェベル250XC
IMG_1493.JPG

自宅を早朝の5時頃に出発
出発時の愛車のメーター
IMG_1495_R.JPG

実は前日の夜に友人たちとたこ焼きパーティーをしていて、解散後、明日のために床に入るがなかなか寝付けず気がついたら早朝を迎えていたというオチ
これでは去年と同じではないか! やはり小さい時にも同じように旅行前や遠足などの大イベント前に、なかなか寝付けないのは、今も少なからず変わらないようだ 笑

閑静な住宅街を出発し 幹線道路を目指す で、セルフで給油をし進路を北へとる
新潟港からフェリーを使えば翌日には、小樽に到着し悠々と北海道へ上陸ができるのだけど、これではやはり面白みがないので... と、いうのは去年の話であり、今回は下北半島周辺の観光とダートを楽しみ、まだ乗船したことがない大間からフェリーで上陸! と、こんな具合の計画であった

僕が新潟バイパスに乗ったときは、まだ時間帯も早いこともあり混雑はしていない この、バイパスはラッシュに捕まると合流も大変だし渋滞だしと、大変に混み合うポイントなのだ しかも事故が多い... 
混んでいなければ快走そのも 遠方に見える飯豊連峰を眺めながら国道7号線を北へ

村上を過ぎ、峠へ入る 朝の日差しを感じながら順調に峠を登る 途中、マグナ50がキャンプ道具満載なのをチラっと脇道で見つけたこともあり、謎のワクワク感に襲われるも、お腹が減ったので去年もお世話になったドライブイン ペガサスで朝食タイム(画像は去年のもの)
DSCN2232_R.JPG

ペガサスに入ると相変わらずのエロティックな空間 決して家族と、ちょっと休憩しようか... と、訪れてはいけない場所なのだ
とりあえクラシックな自動販売機で、そばを注文
DSCN3676_R.JPG

そばは天ぷら付き
DSCN3675_R.JPG

独特な空間、クラシックな自動販売機で買うそばは、なにか不思議な感じがする とりあえず腹は満たされたので国道を北へ進み山形〜秋田県へ 酒田についた頃には9時を回り、流石に寝ていないこともあり眠気に襲われ漫画喫茶でひと休憩 この漫画喫茶には14時30まで仮眠を取った

漫画喫茶出発しひたすらに北上 ただ、途中に高速の無料区間が何箇所かあったのでこれを利用させてもらった だが、途中で道を迂回してしまい青森県の弘前についたのは19時を過ぎ 時間に余裕があれば聖地巡りでもしようかと考えていたが、また今度にしよう

そして青森市へ突入 時間は21時を回っていた。今夜は青森市内の漫画喫茶で泊まろうと練ってはいたんだけど、僕の検索ミスで八戸の漫画喫茶しかヒットしない 八戸に行くと大きく迂回することになるので、ここは前進して下北半島の道の駅を目指す

そして23時前に道の駅よこはまに到着 早速野宿の準備をして遅い夕食タイム
IMG_1496_R.JPG

流石に長距離を運転したこともありシュラフに、くるまると速攻で寝ていた


ガソリン 1リットル 119円 11.90L給油 
宇佐美 秋田県 きみまち阪給油所

今日の使用金額 4921円
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

ゼファー750のスパークプラグ(点火プラグ)を交換してみよう

なんか最近、バイクの調子が悪いなぁ... 燃費が... 焼け具合が... と、プラグを交換する要因は様々です。

個人的にプラグ交換は結構好きな作業の一つです。 なんというか、交換後にエンジンの回転が軽くなるというような... とりあえずフィーリングがよくなる気がします 悪魔で僕個人の体感ですので当てにはしないでネ!
今回の主役のプラグくん
DSCN3578_R.JPG

ゼファーの場合空冷エンジンともあり非常にプラグ交換が楽チン♪ それに標準プラグも他の車種から比べると半額以下の値段で入手できるお手ごろ感!! これは変える他にありません!!!

そんなことは置いておいてプラグ交換をしたいと思います

続きを読む
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

ジェベル250XCのジェネレーターからのオイル漏れを直してみよう 組立編

前回からの続き


〜オイル漏れ修理、組立編〜

用意するもの
・カッターナイフの刃

オイルが漏れたジェネレターカバーのガスケットを見てみると
DSCN4061_R.JPG

やはり漏れがひどかったところのガスケットに亀裂が入っていました 
この箇所はステータコイルの配線がジェネレターカバーに入り込むところであり、ステーターコイルの配線引き込み口をシールするのにゴムのガスケットが使われています。 
このゴムガスケットは合わせ面から僅かに盛り上がるところなので、ジェネレーターカバー合わせ面のアルミのところと、ステータコイルのゴムの合わせ面の境で振動により紙ガスケットに負担がかかり亀裂が入ったのだろうか?

続きを読む

2016年07月08日

ジェベル250XCのステータコイル(オルタネータ)を取り外してみよう 

ジェネレターカバーのオイル漏れの繋がりで書いてみました
ジェベル250XCの持病?でオルタネータが逝ってしまい発電ができなくなりエンジンが始動できなくなる場合があるそうです ジェベル250XCのステータコイルは持病なのかネットで調べていると発電不良で交換されている方をよくみます ステータコイルを新品に交換すると値段は2万円強... 壊れないでくれよ...!!


〜ステータコイル取り外し編〜

用意するもの
・プラスドライバー

先にジェネレターカバー外します ここは記事にしていますので下記をリンクしてください

‘ジェベル250XCのジェネレーターからのオイル漏れを直してみよう 分解編’


ステータコイル、センサ、配線を固定しているプラスネジ6箇所を外してステータコイルをジェネレターカバーから取り外します
DSCN4071_R.JPG

取り外したステータコイル
DSCN4064_R.JPG

組立は次回に続きます

2016年07月07日

ジェベル250XCのジェネレーターからのオイル漏れを直してみよう 分解編

先の北海道ツーリングで4000kmほど走ってくれたジェベルくん 得に調子も崩さず走りきってくれたのに感謝しつつ気になる箇所がひとつだけあります。 セイコーマートで休憩中にふと愛車のジェネレター周りを見てみると、やけに黒く湿った砂埃で汚れているのが目に付く 
よく見てみるとエンジンとジェネレーターカバーの合わせ面からオイルが微量ながら漏れていました

オイルが漏れ黒く汚れたジェネレター周り
DSCN3996_R.JPG

画像ではよくわかりませんが、ジェネレターカバーとスプロケットカバーの間にオイルが滲んでいるのが確認できました。 最初は滲む程度でしたが北海道から帰る頃にはジェネレターカバーを伝ってオイルが滴るほどにまで悪化 なので帰宅後は洗車を行いドックへ...

続きを読む

2016年07月06日

ゼファー750のテールランプ球(電球)を交換してみよう

夜にふとゼファーに乗ろうと思い気がついたもの

DSCN4025_R.JPG

DSCN4027_R.JPG

テールランプが片方切れているではないか!!
後日切れたテールランプを交換することに

続きを読む
posted by marchyoo at 21:16| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする