2016年05月01日

ジェベル250XCのキャブレターを外してみよう

ジェベルはシングルエンジン、シングルキャブですので、多気筒のバイクから比べますとキャブレターの着脱がしやすいです


〜キャブレター着脱偏〜

用意すもの
・プラス、マイナスドライバー
・ヘキサゴンレンチ(六角レンチ)
・ペンチ
・各サイズのスパナ

*作業している車両は負圧式のキャブレター搭載のジェベルですが、TM28強制開閉式キャブレターの車両でも作業工程は、ほぼほぼ一緒です。強いて言うならば、スロポジの有無くらいでしょうか

先に燃料タンクを外します。この作業は以前に書いていますので割愛します。 作業内容は下記をリンクしてください

‘ジェベル250XCのスパークプラグ(点火プラグ)を交換してみよう’

燃料タンクを外したら次はアクセル側のケーブルを外しますが、純正のナックルガードが邪魔をしていますので、これをずらします
DSCN3364_R.JPG

まずハンドル端の六角を緩めます
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。