2016年05月25日

ジェベル250XCのエンジンオイル&オイルフィルターを交換してみよう

最近、ミッションの入りが悪くなってきました。オイルを変えてから距離的には1000kmちょいしか走っていませんが、オイル交換の変えた日時を見てみると半年前 これから、林道も走る回数が多くなると思われるので交換することに


〜エンジンオイル&オイルフィルター交換編〜

エンジンオイル交換のタイミングですがサービスマニュアルによると6000km走行ごととなっていますが、高回転を使うバイクのエンジンですので、その半分の3000kmで交換を心がけるように私はしています。
距離を走っていなくても最後にオイル交換をしてから半年たっていた場合の時も交換を考えます。


サービスデータ(サービスマニュアルより引用)  

・エンジンオイル交換時期
初期1ヶ月以後6000km
エンジンオイル量 交換時 1100ml

・オイルフィルター交換時期
初期1000km走行時以後12000km走行ごと
エンジンオイル及びオイルフィルター交換時のオイル量 約1300ml



用意するもの 

・エンジンオイル 粘度10W-40
・オイルフィルター
・オイルジョッキ
・オイルの受け皿
・オイルフィルターのOリング二箇所
カバー側部品番号 09280-71001
エンジン側部品番号 09280-15007
・ドレンボルトのワッシャー サイズはM14
・オイル処理パック
・14、10、8mmのレンチ
・パーツクリーナー

さて、エンジンオイルは温まっていると柔らかくなって抜けやすくなりますので、暖気運転又は近場を軽く走ってエンジンオイルを温めてオイルの抜けをしやすくします

そうしたらオイルフィラーキャップを外しオイルの抜けを良くしてあげます
DSCN3545_R1.jpg

フィラーキャップを開けましたら今度はクランクケース(エンジン下部)下のドレンボルトを14mmのレンチを使って外し、オイルを抜き取ります
DSCN3546_R.JPG

画像ではアンダーガードを付けているので画像と異なる場合がありますが、ドレンボルトの位置は一緒です。
エンジンオイルを抜きやすくするために暖気、走行をしたのですが、オイル冷まさないですぐに作業をするとオイルが熱く火傷の危険がありますので5分ほど冷ましてからオイルを抜くようにしましょう

抜いているオイル 走行は1000kmほどですが、黒くなって汚れています
続きを読む

2016年05月24日

秘境・グンマー&小串硫黄鉱山跡地

前々から気になっていた場所へと足を運んでみました。
 僕にしては珍しく早朝4時に起床し相棒のジェベルに荷物を乗せ朝日がやんわりと差し込む静寂に包まれた住宅街を後にした。 国道17号線を南下し小千谷で国道117号線へと進路をとる。
ただ早朝は風が冷たく長時間乗っていると冷たい走行風で体が冷え、股や肩などが辛くなってきてしまい長野県をまたいですぐにある道の駅で休憩 名前はたしか「信越さかえ」だったと記憶している

ここで少し冷え切って硬くなってしまった体を少し動かし心なしかのウオーミングアップ 自動販売機の暖かい缶コーヒーをすすりながら、ツーリングまっぷるで目的地へのルートを確認

 ルート確認中に冷めてしまた缶コーヒーを飲み終え僕は飯山へと向かうのでった 
だけど通勤、遊学で混雑が予想される飯山市街 渋滞にはまるのはどうも気が向かないので、ここは国道403号線を使い中野市までワープ ただ、この国道403号線は山道ともあり道幅もとても狭く路面も良いとは言えないのでオンロードバイクで通るには少し注意が必要かも知れない。中野市に入ると今度はローカルな県道を駆使して高山村→須坂市へと抜ける

 そして目的地へ繋がる道へと出たので、タンクバックに忍ばせていたツーリングまっぷるを見てみる。見ていると、どの道を使い目的地へと向かうのかの選択が出てきた 言うなれば「確実に安全に通行できる道」 対するは「途中で引き返しヒィヒィ言いながら引き返すかも知れない道」 さらに言うなればオンロード or オフロードなのだ

 僕は数秒間悩んだがここは 「途中で引き返しヒィヒィ言いながら引き返すかも知れない道」 をチョイス。やっぱり冒険したいもんね!
そして、目的地へと繋がる(つながると思われる...)林道へ 名前は湯沢線だったと記憶している。

 林道入り始めは木々が生い茂り薄暗いのだけど、しばらく走ると視界が開け景観の見渡しが良くなってきた。道としては浮き砂利ダートで、ところどころ大きめな石や窪みがある。僕は市街から入ったので緩い登りを上がってゆく。ストレートも区間的にはあるのだけど、カーブのほうが多いなぁと言うのが印象だ

急カーブが多数あるのでストレートでスピードを出しすぎていると確実に怖い目に遭う可能性は多いにある。 あと、崖伝いに道があるので景色はとても綺麗だけど、ガードレールやフェンスはないので注意が必要だ。僕自身も久しぶりの林道ともあり、なかなか思い描いた走りができずにモヤモヤ気味だったが、高原地帯へと繋がる道ともあり景色は素晴らしくそんなことは吹き飛んでしまった
DSC_9724_R.JPG

遠くには妙高? 北アルプス?の山々が見える 美しい...
続きを読む
posted by marchyoo at 15:34| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

ゼファー750の荷掛けフックのゴムキャップを交換してみよう

カワサキのバイクに付いていることが多いリアフェンダ下にある荷掛けフック 
DSCN3606_R1].JPG

シート下にツーリングネットやゴム製のロープを忍ばせていれば出先でのちょこっとしたものも愛車にくくりつけ運ぶことができます。 僕自身あまり使う機会はあまりありませんが、あればあったて重宝します。と、書いてみましたが本題はこのフックの先に付いているゴム製のキャップ
DSCN3607_R.JPG

僕のは、このフックのキャップが一つなくなっています
続きを読む
posted by marchyoo at 20:06| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

志賀草津道路

先週の休日に友人と久しぶりのツーリングに行ってきました
行き先は志賀草津道路
志賀草津道路に入りお昼休憩
DSCN3627_R.JPG

この道はクネクネと道がカーブを続けておりワインディングするにはとても気持ちの良い道 標高も高いとあって景色もGood!!
雪も若干残っています
DSCN3642_R.JPG

県境の真ん中に建てられているホテル これはこれで珍しい
続きを読む
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

飯豊連峰

ここ最近、天候が良い日が続いているのでぶらりとジェベルでお出かけ

行き先はツーリングまっぷる東北をさらっと見たときに目が止まった、とある県道 付近は山に囲まれているのでダートも楽しめそうだ

久しぶのダートはやはり楽しい!
道中残雪がありました
IMG_1433.JPG

アタックを続けているとジェベルを何回か倒してしまい...
続きを読む
posted by marchyoo at 14:24| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

ゼファー750のステップを交換してみよう

バイクの部品の中でも破損率が高いと言われているステップ 僕も訳あって右側のステップを折ってしまいました 涙
DSCN3595_R.JPG

これを機会にバックステップに交換したいが... (;゚д゚)...

これは次回の課題にします... (ヽ´ω`)



〜ステップ交換編〜

用意するもの
・折れた方のステップ,FR,RH(右側) 部品番号34028-1335(3,802円)
・ちなみに反対の左側のステップはこちら ステップ,FR,LH 部品番号34028-1334(3,802円)
・ボルト,バンク センサ 部品番号92002-1742(346円)
・マイナスドライバー
・10mmのスパナ
・ペンチ


まず折れたステップを車体から取り外します
ステップの裏側を見るとE字型のクリップがあるので、これをマイナスドライバーで頭を押して上げてペンチで外します
DSCN3598_R.JPG

E字型のクリップを外しますと、ステップを固定しているピンが抜けるようになりますので、これを外してステップを車体から取り外します

追記 2016 6/7

違う部品の注文ついでにバンク角センサーを注文しました
DSCN3671_R.JPG


続きを読む
posted by marchyoo at 13:53| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

ゼファー750のステップ折れる 涙

先日、友人のゼファー750と一緒に、ちょっとそこまで流してきました。
ここ最近、僕自身もゼファーに乗っていなかったので少しばかりワイインディングを楽しもうと峠道へ 久しぶりの峠ともあり最初はなかなか思い通りのライン取りと、ぎこちない姿勢が気になっていた。 それでも何コーナーかを抜けていくうちに、だんだんと思い描いていた走りになっていき、アクセルも開け気味に...

ワインディングも一通り終え友人と談笑している時に僕はふと、目線を下に向けると、それが目に入った
IMG_1416.JPG

出発前までは、なんともなかった右側のステップペダルが折れてる... orz
得にステップを折った思いある節はないけど、考えられるのはやはり峠でのワインディングか? とりあえず発注しないと 泣
posted by marchyoo at 10:30| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750(ZR750-C10) その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

ゼファー750のアクセルワイヤー(スロットルケーブル)を交換してみよう

以前にゼファーのアクセルワイヤー(スロットルケーブル)を交換したので手順を書いていきます。



〜アクセルワイヤー交換編〜

用意するもの
アクセルワイヤ二本
・オープニング 部品番号54012-0008(1793円)
・クロージング 部品番号54012-0009(1793円)
・各種サイズのスパナ、ソケット
・適当なタオル(ウエス)
・プラス・マイナスドライバー
・ヘキサゴンレンチ(六角)
・ペンチ

ゼファー750のアクセルワイヤーは開け側(オープニング)、閉じ側(クロージング)の二本のケーブルで連動するダブルケーブルですので、アクセルワイヤーが二本あります。

そんなことは、さて置き今回の主役のアクセルワイヤー二本
左 オープニング 右 クロージング
DSCN1962_R.JPG


さて作業に取り掛かりますヨ!先に外装を外します。
続きを読む
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

ジェベル250XCのキャブレターを強制開閉式キャブに交換してみよう(TM28)

さて、TM28も組み上がり車体に取り付ける部品も揃ったので組んでいきたいと思います

左 負圧式BSR32 右 TM28
DSCN3396_R.JPG



TM28強制開閉式キャブレターを後期型の負圧式キャブレター車に取り付けるにあって用意したもの

・TM28強制開閉式キャブレター本体 
 形式13E00 部品番号 13200-13E00(こちらが初期の方)
 形式13E01 部品番号 13200-13E01(キャブ自体は一緒だが初期から比べると内部の部品の変更が加えられたもの?)
・チューブ、アウトレット 部品番号 13881-13E00
・パイプアッシ、インテーク 部品番号 13101-13E01
ちなみに末尾が0の13101-13E00もパーツリスト上ではあるが、やはり細かな変更があるのだろうか?
・スクリュ(プラスネジ)ニつ 部品番号 09126-06014
・クランプ 部品番号 09402-52208
・クランプ 部品番号 09402-56208
続きを読む

2016年05月03日

ジェベル250XCのリアサスペンションを外してみよう

訳がありましてリアサスペンションを外しましたので、簡単な手順を書いていきたいと思います。



〜リアサスペンションの取り外し編〜

用意するもの
・プラス、マイナスドライバー
・各サイズのソケット、スパナ
・ペンチ
・ヘキサゴンレンチ(六角レンチ)
・バイクスタンド

先に燃料タンク、キャブレターを外し下準備を整えますが、前の記事に工程を記事にしましたので、ここでは割愛します
燃料タンクの外し方は下をリンク

‘ジェベル250XCのスパークプラグを交換してみよう’

キャブレターの外し方は下をリンク
‘ジェベル250XCのキャブレターを外してみよう’


さて、下準備は整ったでしょうかか?それではリアサスペンションを外す工程に移ります
先にバイクスタンド又はそれに準ずるものを使いリアタイヤを浮かせます
DSC_9644_R.JPG
続きを読む

2016年05月01日

ジェベル250XCのキャブレターを外してみよう

ジェベルはシングルエンジン、シングルキャブですので、多気筒のバイクから比べますとキャブレターの着脱がしやすいです


〜キャブレター着脱偏〜

用意すもの
・プラス、マイナスドライバー
・ヘキサゴンレンチ(六角レンチ)
・ペンチ
・各サイズのスパナ

*作業している車両は負圧式のキャブレター搭載のジェベルですが、TM28強制開閉式キャブレターの車両でも作業工程は、ほぼほぼ一緒です。強いて言うならば、スロポジの有無くらいでしょうか

先に燃料タンクを外します。この作業は以前に書いていますので割愛します。 作業内容は下記をリンクしてください

‘ジェベル250XCのスパークプラグ(点火プラグ)を交換してみよう’

燃料タンクを外したら次はアクセル側のケーブルを外しますが、純正のナックルガードが邪魔をしていますので、これをずらします
DSCN3364_R.JPG

まずハンドル端の六角を緩めます
続きを読む