2015年12月22日

2015年 北海道ツーリングPart15 (完)

Part14からのつづき

〜6月22日〜23日 晴れ 走行距離おおよそ1200km 燃費(不明)〜


さて、今日も天候がよく気持ちが良い

あのあと、日本一周をしているZZR1200乗りの方とキャンプが一緒になり話に花が咲きました 年齢は大先輩にあたりますが年も同じ20代ともありとても楽しい時間でした
ZZR1200日本一周仕様
DSC_9437_R.JPG

DSC_9438_R.JPG

荷物も綺麗にまとめられていてすごい (;゚д゚)ゴクリ…
日本一周プレートが眩しい
DSC_9435_R.JPG

車両も僕の汚れまくった相棒とは違いとても綺麗 やはり車体の洗車は定期的にするとのこと 見習わなければ Σ(゚Д゚)
出発前にしばらく旅話に盛り上がり、いつの間にか時間が経っていた 僕自身も日本一周というのはすごく興味があり、いつか必ず成し遂げたいと思っていたので、とても参考になるお話でした 

それでは、お元気で!!

そして僕はお土産を買うべく帯広へ向かった
帯広の六花亭本店でお土産を調達
DSCN2806_R.JPG

さて、お土産を買い終わりしばしの考え事 今回のおおよその目的は達成できたので北海道を満喫するのも悪くないけ仕事のこともあり、ここは自宅へと帰ることに

〜13:00〜
帯広から自宅のある新潟へ進路をとった

ひたすら国道をバイクで下り 日が暮れ夜になれども僕は相棒のスロットルを開け新潟へ向かうのである


〜21:19〜
函館からフェリーに乗り青森へ
DSCN2807_R.JPG

フェリーに乗り込みハンドルロック ここでアクシデント発生!
鍵を刺したままハンドルを切ってしまったのでキーがグニャっと曲がり使用不能になりました・・・
だけど、合鍵を財布に忍ばせていたのが幸いして事なきをえました ハンドルロックのキーの位置をこの時、改善してほしいとスズキに思ったのであった

アクシデントはあったけど、フェリーに乗り込むと嬉しいようで寂しいそんな気持ちが僕の心を覆ったけど、疲れていたので速攻で爆睡
気がついたら青森についていた

〜23日 01:40〜
本州上陸 
DSCN2809_R.JPG

あとはひたすらに新潟目指し南下


〜09:30〜
無事に帰宅
DSCN2811_R.JPG

ありがとう相棒! そして北海道よまた訪れたいぜ!!

帯広から自宅までの距離おおよそ1200km(フェリー以外は全て下道)
走行時間おおよそ21時間








〜おまけ〜

北海道を駆け抜けた相棒を洗車
DSCN2812_R.JPG

汚れを落としながら思い出を回想 こんどはどこへ行こうか
posted by marchyoo at 00:00| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

2015年 北海道ツーリングPart14

Part13からのつづき

〜6月21日 快晴 移動距離295.5km 燃費30.4km〜

ルート 屈斜路湖〜釧路

朝起きる天候はよく湖がとても綺麗
DSC_9383_R.JPG
DSC_9380_R.JPG

こりゃあ、気持ちがいいぞヽ(゚∀゚)ノ!
テントを畳んでいると
DSCN2706_R.JPG

oh・・・ これはマズイな・・・

とりあえず今のは見なかったことにしよう。 そうしよう。
荷物を相棒に積み込みキャンプ場を後にした
最初に足を運んだのはオンネトー
DSC_9391_R.JPG

続きを読む
posted by marchyoo at 21:10| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

2015年 北海道ツーリングPart13

Part12からのつづき

〜6月20日 曇り 移動距離188.0km 燃費29.2km 〜

ルート 知床〜屈斜路湖

早朝から黒い雲が空を多い天候は怪しめ 雨に降られる前に早々とキャンプ場を撤退
根室海峡を眺めながら国道335号線を下る 

途中、薫別林道(44-B2)を通行して薫別温泉にアクセスしようと思ったが、ゲートで封鎖 orz
DSCN2682_R.JPG

気を取り直してライダーの生地とも言える開陽台へ
途中、放浪している犬を発見
DSCN2683_R.JPG


(U^ω^)わんわんお! と、言いたいところだが、犬もこう放し飼いで彷徨っているとなんか怖いな・・・ 
開陽台に行く途中で北十九号を通る 
DSC_9158_R.JPG
続きを読む
posted by marchyoo at 00:00| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

2015年 北海道ツーリングPart12

Part11からのつづき

〜6月19日 曇り 移動距離189.0km 〜

ルート サロマ湖〜知床

この、一泊したキムアネップ岬キャンプ場は、僕にとってとても心に残っているキャンプ場です
 あれは、初めて北海道に来た年のことです。 このキャンプ場で就寝中に外のざわめきみたいな気配で僕は目が覚めた。 普段、よほどのことがない限り僕は眠りに入ると起きないのだけど、この時は何故か気になってしまい起きたのであった。 
 テントのチャックを開け周囲を寝ぼけた目で見てみると、周囲でキャンプをしている人は椅子や地べたに座り空を見つめていました。 僕の寝ぼけた頭では最初何が何だかわからなかった。 みんなして空を見上げ黙りとしているのだもの
ぼくも、みんなと同じように視線を空に向けてみた

無数に広がる星たち まるで落ちてきそうなようによく見えた

ただただ、ぼくも見なんなと同じように黙りと星空に魅せられてしまったのだ。 


と、こんな具合に思い出がある場所です ただ、今回は曇で星空は拝めませんでした (;_;) 
キャンプ場はとても広く開放的です
DSCN2651_R.JPG

キャンプ場からはサロマ湖を見渡せる
DSCN2652_R.JPG

ただ、お盆などになると、ひしめき合ってテントを張るほどの混み合うとのこと (バイカー談)
 荷物をまとめて昨日抜けた空気圧のチェックをしていると、還暦を迎えて北海道を回っている、おじちゃんに話しかけられたのでしばしの談笑 昔の北海道の話を聞かせていただきとても楽しかったです
ただ、やはり夏の北海道はいいよ〜 と聞いてしまうと行きたくなるのである 何時か必ず夏の北海道を満喫したぜ!!
おじさんに別れを告げ準備を進めていると 「バイクだとキツイ時もあるだろうから、これ飲んで元気だして行きなさい」 と、栄養ドリンクとオロナミンCをいただきました (´▽`)
DSC_9092_R.JPG

続きを読む
posted by marchyoo at 15:15| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

2015年 北海道ツーリングPart11 2015年 北海道ツーリングPart11

Part10からのつづき

〜6月18日 曇りのち晴れ 移動距離255.1km 燃費26.4km〜

ルート 天塩川〜北見


明後日、くらいには知床に着きたかったので、今日はオホーツク海側に行って、距離を稼ごうと思う
キャンプ道具を愛車に積み終え出発 天候は快晴 今日は暑くなりそうだ

しばらく走っていると道路に設置してある温度計が26度と表示しているのが目に入った これぐらいの少し暑いかなぁと、思わせるぐらいの気温がちょうど良いと思う 今日は、気持ちよく距離を稼げそうだ

天気よく鼻歌を交えながら気持ちよく走るのだけど、どうも昨日のダートが効いているんか肩が重く、走行風で肩がこったようだ それに眠い (-_-)゜zzz…
国道239号線で興部方面へ行く前に少し休憩を入れるか 名寄の街に入るとセブンイレブンがあったのここで、小休憩
栄養補充としてオロナミンCを補給
IMG_1008_R.JPG

ふぅ〜、うまい! 近年、エナジー飲料なるものが数多く売られるようになり、久しく飲んでいなかったオロナミンC
ただ、値段の割には内容量は少ないのだけど、時と場合によってはこのサイズが案外ちょうど良い量なのだなと思った。 車での移動や仕事などをしているときは、個人的にはモンスターの緑缶を好んで飲みますが、バイクで移動していると、あの量を一気に飲むのは僕、個人では難しい・・・ なので、北海道ではガラナの次にオロナミンCを補給していたと思う たぶん

オロナミンCを飲みつつ、スマホを見てみると友人からLINEが入っていたので、しばしの雑談をして僕は興部へ。 と、言いたいところだが、道の確認がてらにツーリングまっぷるを見てみると、こんな見出しを発見

「 〜ピヤシリ山〜 利尻山や大雪山までも望む360度の眺望 山頂へは徒歩にて2km」

ちょっと寄り道してみようかな 僕はピヤシリ山へと向かった。 
気持ちよく道道を走っていると左のナックルガードが下がっているのに気がついた ナックルガードの位置を直そうとすると、ガードを固定しているボルトが妙に長く出ているのに気がついた そしてすぐに相棒を脇へと止め状況を確認することに

あと少しでボルトが脱落するところだった(・・;)
DSCN2623_R.JPG

持ってきていた工具で増し締め
DSCN2626_R.JPG

続きを読む
posted by marchyoo at 12:44| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

冬支度(バイク)

さて、今年は暖冬なのか例年から比べると暖かく雪が降るのは、まだまだそうです。
春までバイクには乗らないので、先に友人から預かったZRXの冬支度から入ろうと思います

春先に、すぐにでも快適な乗り出しができるように、スイングアーム、レーバー類などの可動部のグリスアップ&アクセル、クラッチワイヤーの注油 その他もろもろのメンテナンスを施し、最後に磨けるとこを磨きワックスをかけ準備はOK!
DSC_9528_R.JPG

バッテリーを外しキャブレターのガソリンを抜き
DSC_9529_R.JPG

最後にカバーをかけ冬眠完了 (-_-)゜zzz…
DSC_9535_R.JPG

ジェベルは林道での汚れを落とせるところまで落としたいのだが・・・
DSC_9533_R.JPG

細部に入り込んでいる泥等は落としきれないけど、良しとしておこう 
さて、来年はどこへ行こうかな
posted by marchyoo at 19:26| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

冬の準備

ここのところ本当に寒くて暖房が欠かせません ふと、山を見ると真っ白に雪化粧をしているのが目に入り冬だな〜と思うのであった

雪国に住んでいると、道路に融雪剤(塩カル)を撒くので車の下回りの腐食が雪が降らない地域から比べると進行がとても早いです 
僕の車も例外ではなく下回り、ボディーなどあちこち錆びて朽ち果ててきました

最もひどいサビ箇所 リアのクロスメンバー
DSCN3197_R.JPG
DSCN3196_R.JPG

もはや折れる寸前☆ と言うか朽ち果てる寸前まで腐っています 流石にやばいな・・・
ちなみに春まではちゃんと丸いパイプの形をしていましたが、日に日に腐っていき気が付くと・・・ 
お〜怖い怖い (((( ;゚д゚))))

ボディーも、いい感じに腐ってきました
DSCN3204_R.JPG

画像はほんの一部でして、いたるところにこの様な腐りが出ています ちなみに今年にはフロントのコイルスプリングが折れました これも塩カルによるものです
もともとこのモデルのジムニーはサビが進むのが早いと思いますが、融雪剤と相まって進行の重症化が早いです ('A`) 直しても直しても腐ってきます 
なので、このサビの進行を少しでも遅らせるためにホームセンターにて、クレのシャーシブラックを買ってきて下回りを塗ったくりました
クレのシャーシブラック
DSCN3198_R.JPG

値段もそこそこで効果も塗らないよりは断然良いです 今回は奮発して今までの使っていた量の2倍ほどシャーシブラックを購入し、いたるところに吹きまくった それほど腐るのです (´;ω;`)

ただ、下にもぐりシャーシブラックを吹いていると、新たに見つかる腐りが進行して穴が空いている or 空きそうな箇所 もう、見なかった事にしたいほどです 
作業途中、自分の車の現実に嫌気が差してスズキのHPにて、ジムニーの乗り出し価格を見積もってみると

最低グレードの5速マニュアルで130万後半 ぐぬぬぬ、また今度にするか・・・

金銭的な現実を知り、いまのジムニーに乗ることにします いつまで乗れるかなぁ
そんな訳でシャーシブラックを塗った下回り
DSCN3199_R.JPG

これでこの冬は乗りきれるかな
来年春は修理をしなければいけないかもしれない・・・
とりあえず修理箇所を思いつく限りまとめてみた

・リア、クロスメンバーの修理
・ボディーの板金、塗装(箇所は多い)
・下回りの板金、塗装
・下回り、ボディの防錆処理
・折れたアンテナ交換
・フロントガクブル病の修理
・折れたフロントスプリングの交換
・リア、ホイールベアリングの交換
・エアコン修理

多すぎんだろ (;´д`)トホホ…
posted by marchyoo at 21:11| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする