2015年05月31日

福島ツーリング

たまには息抜きにツーリングに行きました 場所は隣県である福島
出発は早朝6時に集合でしたが、私が二度寝してしまい出発したのは30分オーバー後のことです ...っく 痛恨のミス!

気お取り直して出発。 ガソリンを満タンにして、いざ、福島に向けて出発 (`・ω・´)

ルートは、国道49号→ 〜福島県〜 → 国道459号→レークライン→国道115号→スカイラインと、いったルート 主にワインディング+観光重視でいってみました

国道49号を福島に向けて突撃 ⊂(^ω^)⊃ブーン
DSCN1813_R.JPG

天候も最高! 道もよし! やはり49号は個人的に好きな道である 途中、ZZR1400が気合を入れた走りでパスしたので少しビビった (;´д`) 
この49号はバイパスかされたので、交通の流れがスムーズになった反面、少し物足りなさを感じる気がします。 以前の川沿いを走る道なりはよかった (´;ω;`)
そんなことは、さて置き途中撮影ポイントがあったのでパシャリ続きを読む
posted by marchyoo at 10:39| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

タイヤ交換

六月に車検を迎えるので、減っていたタイヤを交換しました

今回チョイスしたのはダンロップGT601
DSCN1834_R.JPG

前にZRXに履かせてカッコよかったので私も同じ銘柄にしました  ・∀・)イイ!!

交換前のブリヂストン エクセドラG547
リア
DSCN1836_R.JPG

フロント
新規ビットマップ イメージ.bmp

交換後のダンロップ GT601
リア
ゼファー750 GT601.JPG

フロント
ゼファー750 GT601F.JPG

タイヤパターンが今風のレーシーなものになったので、だいぶゼファーのイメージが変わりました。 後は皮むきしてワインディングが楽しみである 
posted by marchyoo at 22:04| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750(ZR750-C10) その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車検

6月で車検を迎えるジムニーくん 私のところに来て3回目の車検になります
今回も時間があるので、懐に優しいユーザー車検に行って通してきます

事前に自賠責、書類を揃えて車検場にGO!
私が予約した車検のラウンドは最後の4ラウンドでしたので、何かで落とされると後日になってしまいます なので少し緊張します 通れば良いが・・・ (´・ω・`)

炎天下の中、エアコンの弱まる車内にてラインに入るまで、ひたすらに待ちます これが一番疲れたかも
そして、いよいよ私の番! ラインに入れて
IMG_0925_R.JPG

見後に一発合格!
DSCN2049_R.JPG

これにてジムニーくんの車検はおしまい 今度はゼファーの車検があるぜ・・・
posted by marchyoo at 21:09| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

冷却経路洗浄の巻

先に洗浄したウォポン、ラジエター 内部には長年の蓄積物なのかヘドロが溜まっていました ここまではなんと序の口 始まりに過ぎなかったのだ・・・

さて、今度は冷却のパイピング経路を外して洗浄していきます
外したパイピング
DSCN1689_R.JPG

とりあず冷却水を注ぐ口を外してみた
DSCN1693_R.JPG

あ、あれ? 嫌な予感が...

*注 ここから先は少しグロ注意

    続きを読む
posted by marchyoo at 01:16| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | CB400SF(NC31)セミレストア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

草ヒロ

こういう古い車ってなんか好き
DSC_7962_R.JPG

トヨタのハイエースなのかな?

posted by marchyoo at 20:14| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | てきとうピクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷却機器の洗浄の巻

前の記事でも書きましたが、このスーフォアくん、ラジエターのトップキャップを開けて見るとクーラント(冷却水)が、ほとんど入っていない ゴム製のパイピングを押したりしても顔を見せてくれない
DSCN1686_R.JPG

ここで初めての経験、カニ汁に似た香しい匂いも感じることもできました 笑 クーラントの劣化の匂いなのか?
さて、冷却水漏れも前に確認が取れたので、分解していきますYO!

ウォーターポンプにあるドレンを開いて冷却水を排出
DSCN1631_R.JPG

一応入っていました 抜いた冷却水は黒みかかった緑色 何とも言えない匂いを放っています 味は甘い(間違って口に入った)
かわって、新品は綺麗な緑色でカニ汁のような匂いもしません。甘い香りはしますが

シリンダー側も排出
DSCN1632_R.JPG

いよいよ漏れている箇所をバラしていきます 最初はウォーターポンプから続きを読む
posted by marchyoo at 10:09| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | CB400SF(NC31)セミレストア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

キャブレター洗浄の巻

色々と手間がかかりそうなスーフォアくん(CB400SFのこと)
抹消届け書類を見てみると、かるく5〜6年は経過しているのであります。 車検の満期日は丁度10年ときた。(;゚д゚)ゴクリ… さてさて、長期不動車のキャブレターでも開けて内部の確認をしますよ!

キャブレターを車体をから取り外します こんな作業は何回もやっているので、‘ちょろいハズ’ でした...

  〜数時間後〜

キャブレターを外した車体
DSCN1472_R.JPG>

長年の汚れがいい味を出しています
DSCN1470_R.JPG

いや〜大変でした 汗 取り外すのに普段の倍の労力と時間を食いました orz
おおよそ購入時から変えていないであろうインマニ(22年物?)がキャブレターに食いつき外れない キャブを渾身の力で左右上下に揺すってもビクリともしないキャブレター 困ったな...

なので最終奥義パワープレイである ‘バールのようなもの’ を使用して無事に取り外すことができました ちなみに使ったのはタイヤレバー 笑

さてさて、無事に外れたキャブレターを分解し洗浄していきますよ! 普段メンテナンスしていないキャブレターは大抵、フロート室のプラスネジに苦戦するのですが、ここはすんなりと外れました 車体から外れた瞬間におとなしくしなりやがって...

内部は青錆は出ていたが、予想外に綺麗続きを読む
posted by marchyoo at 22:00| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | CB400SF(NC31)セミレストア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

周辺整備の巻

部品が届くまで、できることをしようと思う とりあえずエンジンオイルを抜いてチェックしてみるか!

ドレンボルトを外すと、いい感じに真っ黒
DSCN1733_R.JPG

交換してから数年ぶりの、ご対面のオイルくん 
抜いたオイルは乳化や危なそうな匂いはしなかった また、とくべつ異物なども見受けられません ただ、真っ黒
オイルフィルターも交換
DSCN1734_R.JPG

DSCN1735_R.JPG

この子も長年のお勤めに、ご苦労様だ 
新品のオイルフィルターに交換
DSCN1736_R.JPG

自動車のフィルターは安いけどバイク用と限られると値段が高いのがネックだよなぁ 車用でも使えそうだけどね! ちなみにZRX400はホンダ用の自動車フィルターがつけれます

続いてエアクリーナーといきましょうか!
この蓋を開けて続きを読む
posted by marchyoo at 07:24| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | CB400SF(NC31)セミレストア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

カワサキ・ZRX400の整備&メンテナンスまとめ

今まで書いてきた、ZRX400の整備箇所をまとめて見易さの改善に取り組んでみました。
見たい箇所をクリックすると詳細にジャンプしますYO!

*注 悪魔で自己責任でお願いします。 怪我に気をつけてね!


目次

〜車体整備〜

・ハンドルの外し方
・フューエル(燃料)タンクの外し方
・キャブレターの外し方
・フロントフォークの外し方
・フロントホイールの外し方
・リアホイールの外し方
・テールカウル&テールライトを外し方 New!
・ヘッドライトの外し方
モデルはゼファー750ですが、カワサキ・ネイキッド系は作業手順がほぼ、一緒です

〜メンテナンス〜

・オイル交換の手順
・オイルフィルターの流用など
・点火(スパーク)プラグの交換手順
・FCRキャブレターの加速ポンプ作動開始ポイントの調整手順
・純正キャブレターの同調調整手順
・純正キャブレターのウォーターホースを直結手順
・クラッチワイヤーの交換手順
・リアブレーキパッド交換手順
・チェーン&スプロケット交換手順
・カムチェーンテンショナの調整手順

・圧縮圧力(コンプレッション)測定手順
・チューブレスタイヤのパンク修理手順
・ステッカーの剥がし方手順




〜その他〜
・ユーザー車検にチャレンジ!
やってみれば案外できる?! DIY LOVEなライダーの強い味方!ユーザー車検の手順をまとめてみました

・パワーチェック
果たして愛車の馬力はどれくらいなのか? 気になる疑問はパワーチェックで解決だ!(ショップによってシャシダイのタイプが違うため馬力が多く表示されたり少なく表示されたりとか・・・?!)

・キャブレターセッティングデーター
主にキャブセッティングなど

・燃費データ
純正キャブからFCRキャブなどの燃費データ

・カムチェーンテンショナの調整手順
エンジンからカラカラ、ケリケリ、カチカチ音が聞こえたら、案外ここが原因かも?


・FCRキャブレター同調別排気音

排気音にバラつきがある場合は要チェック!

・ZRX400のボアアップを少しまとめてみた
ZRX400のボアアップなどの詳細をまとめてみた。

・エアクリーナの目詰まりの症状など

・フォークオイルの交換
インプレなど

・バルブクリアランス調整Part1
・バルブクリアランス調整Part2
・バルブクリアランス調整Part3 END
バルブクリアランスの調整の記録など。一部荒技有り


シリンダーヘッドのOHや洗浄Part1
・シリンダーヘッドのOHや洗浄Part2
・シリンダーヘッドのOHや洗浄Part3 END
素人オーラーMAXのOH、洗浄記録!\(^o^)/

・事前練習Part1
・事前練習Part2
・事前練習Part3 END
上の素人オーラーMAXのOH、洗浄記録!\(^o^)/ の予行練習 ┗(^o^ )┓三



〜雑記〜

・エアバルブ交換
主にレポートなど

・タイヤとかハンドルとかを交換ししてみた
・ピストンは良い感じ?
たしか5万キロ走行の時に行った作業です。シリンダーのクロスハッチは、だいぶ残っていました。
さて本番
上の記事のやる前

・ZRX400 加速動画
HDDを整理していたら出てきたもの・・・ 



〜最終的な私のZRX400な詳細〜

高校生の時に一目惚れしたZRX400-2 Mk-2カラーがお気に入り♪ 16歳で免許を取得後、一年みっちりバイトを頑張りやっと手にしたZRX400は本当に宝物でした。こいつで、いろんなところに行ったなぁ 青春バイクでもあり放浪癖を加速させた存在であった(笑)
 ゼファー750乗り換えのため友人のもとへドナドナしました。 友人宅で大変可愛がれられている話を耳にしますので、嬉しい限りです

2013年6月時点での最終的なZRX400の改造形態画像
ZRX400 最終形態2.JPG

ZRX400 最終形態1.JPG

カスタム箇所
・モトギア手曲げチタンフルエキゾースト
・純正ウインカー(ゼファー用)
・ケーヒン FCR33φキャブレター ファンネル仕様
・メーカー不明 ブリーザフィルター
・レイブリックマルチリフレクタヘッドランプ(ブルー)
・Nプロジェクト ブラスターUカウル
・エフェックス イージーフィットバー ノーマルちょいUP
・メーカー不明バーエンド (ポッシュ製?)
・メーカー不明 リミッターカット
・デイノトナ・マルチウイングキャリア
・最高燃費27km 純正から比べると大幅に向上! FCRは燃費が良い?

パワーチェック
ZRX400パワーチェック.JPG

シャシダイナモ測定でのZRX400最大馬力

測定日2013年6月
測定時の総走行距離 73000km

・最大馬力 48.33PS
・最高トルク 3.01kg-m

損失15%で 55.6ps
損失10%で 53.1ps 

〜測定車両詳細〜

2000年式 ZRX400-2
・エンジン ノーマル
・ギア比 ノーマル
・マフラー モトギア・ZRX400 STDタイプ手曲げフルエキゾーストシステム
・キャブレター ケーヒン・FCR33φキャブレター
・タイヤ ブレヂストンBT45
キャブレターデータ
MJ 122番 
JN 90FTP 3/7
SJ 40番
AS 1回転
PS 1回転

キャブレターやマフラー交換では思ったよりパワーアップは望めませんでした orz
今思えば距離も走っているので、これだけ出ていれば、良いと思われます


posted by marchyoo at 23:43| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ZRX400 整備&メンテナンス記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキ・ジムニーの整備、メンテナンス、カスタムのまとめ

今までやってきた整備、メンテンス内容をまとめて見やすくしてみましたYO!
作業内容をクリックすると詳細にジャンプします

ベース車両はJA12Wなので、あしからず


*注 悪魔で自己責任でお願いします。 怪我に気をつけてね!

目次

〜車体整備〜

・ボンネットの開け方
・エンジンマウント&ミッションマウントの交換手順
・燃料フィルターを交換手順
・エアコン、コンデンサーファンの交換
・ハンドルのセンター合わせ
・フロントクロスメンバーカット
社外バンパーに交換時にカットすると見栄えが良くなります
・ワイパーの交換手順
・リアデフォッガーの修理(リアガラスの曇が取れないなどはチェック!)
・ブリーザーホースの交換
・サーモスタット&ラジエターキャップ交換
・フロントショックマウントの補強 New!
12.22系の泣き所を補強!

・タイミングベルト交換Part1
・タイミングベルト交換Part2 end
主にレポートなど

・タペットクリアランス調整
主にレポート

・エキマニ交換Part1
・エキマニ交換Part2 END
主にレポート

・トランスファーの外し方手順
・トランスミッションの外し方手順(MT)
・クラッチ交換Part1
・クラッチ交換Part2
・クラッチ交換Part2.5
・クラッチ交換Part3 END

・再 フェンダー錆穴修理
・再 フェンダー錆穴修理2
・再 フェンダー錆穴修理3
・再 フェンダー錆穴修理4(完)
最終的なリア・フェンダーのサビ穴補修録

・リアフェンダー修理Part1
・リアフェンダー修理Part2
・リアフェンダー修理Part3 END
ホムセンで売っていたパテで補修するが、後に再修理を余儀なくされるのであった・・・



〜メンテナンス〜

・エンジンオイル&フィルターの交換
・スパーク(点火)プラグの交換手順
・デフオイルの交換
・ラジエターの洗浄
・フォグランプ球の交換
・プラグコードの交換 New!
・オイルークーラーからのエンジンオイル漏れ修理 New!

〜カスタム〜

・リフトアップ 3インチ
・タイヤ交換 トーヨー・トランパスM/T 195R 16C
・JA11純正アルミホイールに変更
・社外マフラーに交換(今は純正)
・BLITZ スーパーサウンドブローオフバルブDD
ターボ車の特権のプシュプシュ音 小さな角形4WD車がさらに愛らしくなります(笑)

・リアナンバーの移動
・キーレス&集中ドアロックを付けてみた
・フォグランプの取り付け
・リアバンプストッパースペーサーの取り付け
・フロントバンプストッパースペーサの制作
・フロントフレーム補強ステーの取り付け
・貨物登録
・自作スコップホルダーの制作

・エアロッキングハブをフリーハブ仕様にしてみよう1
・エアロッキングハブをフリーハブ仕様にしてみよう2

〜そのほか〜

・JA12WとJA22W(後期と前期の比較)
・トランスファ−のシフト入り不良
・フロアしたの穴ボコ補修

・プロペラシャフトの異音と振動
・ジムニーの振動と異音の原因について
速度を上げるにつれて、振動やウォーンとフロア下から鳴き出したら怪しいかも・・・

・クラッチ交換後の異音と振動
クラッチ交換後の異音、振動又は、低速時の振動、異音はここが怪しいかも・・・

・フリーハブの洗浄とマフラー修理
マフラーは結局、完治しなかったので後に交換

・エンジンチェックランプの点灯

・故障は突然やってくる
・故障は突然やてくる 〜レッカーの巻〜
・終・故障は突然やってくる 〜燃ポン分解の巻〜
・続・故障は突然やってくる 〜意外な原因編〜
故障レポートなど あの時は流石に焦った (´Д`;)
posted by marchyoo at 23:39| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニーの整備&記録(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

オロナミンCの看板(ホラー)

おいしいですよ!
オロナミンCの看板.JPG

軽くホラーだろこれ ヽ(´o`;

撮影場所 伊香保温泉
posted by marchyoo at 20:55| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | てきとうピクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジムニーのオイルクーラーからのオイルを漏れを修理してみよう

私のジムニーも車検が近づいてきたので、気になっていたオイル漏れを修理します



〜オイル漏れ修理編〜

今回使用したもの
・24ミリのディープソケット
・ガスケット 品番16621-73G00 値段240円ほど

オイル漏れ箇所はオイルフィルターがついている上部の箇所から 名前はオイルクーラーというらしい
DSCN1740_R.JPG

画像だと14のところで交換するガスケットは15です
DSCN1746_R.JPG

写真では、わかりにくいですが、オイルフィルターがオイルでヌタヌタです
まず、オイルを抜きオイルフィルターも外します そうすると、オイルフィルターを差し込むボルトが出てきますので、これを24ミリのディープソケットで外します 普通のソケットだと届かないので底が深いディープソケットが必要です
DSCN1744_R.JPG

外れたボルト
DSCN1758_R.JPG

ボルトが外れると、このように宙ぶらりんになります 
DSCN1745_R.JPG

この時、内部に残っているオイルが垂れてきますので注意 直上で作業をしていると洗礼を受けますので 汗
この宙ぶらりんになったオイルクーラーを裏返してみるとオレンジ色のガスケットが見えます
DSCN1748_R.JPG

オイル漏れの犯人はこいつです いつ交換したのか不明ですがゴム自体の張力が全然ありません
そんでもってスズキで取り寄せてもらった部品に交換します
ガスケット 品番16621-73G00 値段240円ほど

新旧の比較
左 新 右 旧
DSCN1750_R.JPG


DSCN1748_R.JPG


DSCN1754_R.JPG

ゴム自体の張力の差がこんなにあるとは... 

あとは元に組み直しオイルを入れて漏れている箇所がないかチェックしておしまいです。

オイルクーラの取り付けは‘爪’があるので‘合口’に、それを合わせましょう

DSCN1756_R.JPG

合口
DSCN1757_R.JPG
 


posted by marchyoo at 16:42| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニーの整備&記録(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジムニーのプラグコードを交換してみよう

プラグ交換をしようとしたらプラグコードが、ちぎれてしまいました 涙

ちぎれた一番シリンダーのプラグコード
DSCN1532_R.JPG

訳あって、しばらくこの状態で乗っていましたが以下のような症状が出たので交換します

私が感じた症状

・アイドリングが上下するようになった
・なんか前のアクセル開度と比べるとパワーがない気がする
・燃費も悪い気がする
・エンジンからチッチッチと希に音が聞こえる(リーク?)
・停車し、一速からクラッチを繋ぎ発進すると1000〜2000回転の間に一瞬パワーが落ちる引っかかりのようなものが、出るようになった

さて、このような状態だと精神的に良くないので原因であるプラグコードを交換します


〜プラグコード交換編〜

使用するプラグコードはNGKから車種別に出ているものをチョイス 以前も使っていたので
DSCN1538_R.JPG

ちなみにカラーは車体色と同じブルーでした ブルーしか設定がないのかな?
DSCN1539_R.JPG

値段も某ショッピングサイトにて3000円でお釣りがくるなど、リーズナブルな価格です

車種別に分かれている商品なんだけど、私がチョイスしたものはJA71C/JA71V/JA11C/JA11V 用のモノ JA12用はなぜかありません。 と、言っても同じF6Aエンジンを積んでいるので問題なく交換することはできました 姉妹機のJA22はK6Aエンジンですので、間違えて買わないように注意です

さて、作業に移ります
作業をするにはインタークーラーを外すのですが工程は以前に記事に書いているので割愛させてもらいます
インタークーラーの外し方は下記をリンクお願いします

‘ジムニーの点火プラグを交換してみよう

インタークーラーが無事に外せたでしょうか? インタクーラーステーの下を覗くと、このようにプラグコードが各気筒に接続されています
DSCN1534_R.JPG 

これをプラグキャップの部分を引っ張り抜き取ります
丸印のがプラグキャップ
プラグコード.jpg

バツ1印の箇所はプラーコードですので、ここを引っ張って抜こうとするのは厳禁です。 これを引っ張って抜こうとすると、スポッとコードだけが抜けてしまう事がありますので

どうもインタークーラーのステーが邪魔して1番シリンダーのプラグコードが抜き辛いです 私の場合は、どうしても1番だけが抜けなく無理くりにプライヤーを使ったら切れてしまいました (;゚д゚)ァ....
DSCN1549_R.JPG

本当に外れません 2.3番はスポット簡単に抜けたのになぜ? 頭にきたので邪魔しているインタークーラーステーも外し手がアクセスしやすいようにして、どうにか外れました (;´д`)トホホ…
苦戦した1番シリンダーのプラグキャップ
DSCN1550_R.JPG

外したプラグコード
DSCN1554_R.JPG

これでやっとプラグコードが交換できます! ついでにプラグも交換します
左 New!プラグ 右 数万キロ走行したプラグ
DSCN1551_R.JPG

初めにイグニッションコイル〜ディスビ間のコードを交換します
ディスビ〜IGコイル間のコード(上 いままで使用したもの 下 新しいもの)
DSCN1542_R.JPG

イグニッションコイル側
DSCN1540_R.JPG

このように黒いキャップ部を持って外します
ディスビ側
DSCN1541_R.JPG

この時にディスビの中をあけて接点部の掃除、状態のチェックをすると一石二鳥です 本当は同じタイミングで交換するのが手っ取り早いです 部品も安いですので

お次は各ディズビ〜シリンダー間のコードを変えていきます このようにコードに番号が、ふられていますので各ディズビ、シリンダーごとに接続していきましょう
DSCN1546_R.JPG

ディスビ側の各シリンダーの配置図
DCF00993.JPG

エンジン側の各シリンダーの配置図
ジムニープラグコード配置.jpg

新しいコードが映えてますねぇ
交換後は初めに書いた症状が改善しトルクもアップしたような気がします 切れる前のコードよりエンジン音も静かになったし燃費も向上しました エンジンも調子が良い気がする
古い車体ですので、点火系のリフレッシュで効果が体幹できたのがうれしいぞ!

posted by marchyoo at 13:42| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニーの整備&記録(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ZRX400のテールカウル&テールライトを外してみよう

テールライト、テールカウル、電装系カスタムするときは何気に外すことになるテール周り 


〜テールカウル&テールライト着脱編〜

使用する工具

・プラスドライバー
・ソケットレンチ 各サイズのコマ

まず、初めにシート外します そうすると、シート下にボルトが出てきます
DSCN1358_R.JPG

ここの四箇所を外します
そうすると、ある程度カウルは外れそうになりますが、テールランプ側に‘爪’にて、固定されているのでこれも外します ちなみにこの‘爪’古いバイクほど折れやすいので注意して外しましょう

テールカウルが外れた図
DSCN1355_R.JPG

続いてテールランプも外します
まずテールランプから出ているカプラー辿り外します
DSCN1345_R.JPG

そしてブラケット左についているリレーもブラケットから外します(画像では外した後です) 
続いて、ブラケット右には配線が束ねてあるので、これもフリー状態にすると作業がしやすくなります
DSCN1352_R.JPG

あとは、テールランプを固定しているボルト3箇所を外しテールランプを外します
外れたテールランプ
DSCN1347_R.JPG

組むときは逆手順です
posted by marchyoo at 09:22| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZRX400 整備&メンテナンス記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

ねんどろいど 八雲 紫

たまにはバイクや車以外の記事など 

宅配便が届いいていたので、バイク部品かな?と、思ったらスキマ妖怪でした
とりあえず組みた立てた図

ねんどろいど 八雲 紫.jpg

ねんどろいど 八雲 紫 2.jpg

予約していたの完璧に忘れていた orz
以上、久々の東方ネタでした
posted by marchyoo at 16:49| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灯火類チェックの巻

中華バッテリーが昇天してしまったので、新しいバッテリーをチョイス

DSCN1584_R.JPG

バイクバッテリーでは定番? 台湾ユアサ 
国産のユアサバッテリーから比べると懐にも優しく、なんたってメーカー品というのがこころ強い
バッテリーを変えたら、切れているバルブ類の交換に入ります

Newバルブ
DSCN1592_R.JPG

手元にカワサキ系のウインカーと旧ホンダ車のウインカーが余っていたが、中のバルブは合わなかった
とりあえず外して交換続きを読む
posted by marchyoo at 06:49| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CB400SF(NC31)セミレストア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

冷却水漏れの巻

さて、車体をあれこれ見ていると何かが漏れている形跡が...

DSCN1477_R.JPG

DSCN1474_R.JPG

く… クーラント?! 
きっと、中華バッテリーの置き土産だろう… 
あと、ウオーターポンプ付近にも漏れた跡があるぞ (;゚д゚)ゴクリ…

リザーバータンクの中もカラッポ続きを読む
posted by marchyoo at 17:11| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CB400SF(NC31)セミレストア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

白看

旧国道49号鳥井峠にて撮影の白看
白看.JPG

白看U.jpg

地図上だと新潟県と福島県の県境の辺り この道が廃止されたから幾年の月日が流れたことか... 役目を終え静かに佇む白看 いつの日かは標識、道路とも無くなることを思うと寂しくもなる
posted by marchyoo at 21:52| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | てきとうピクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼファー750にリミッターカットを装着してみよう

中型車から大型自動二輪に乗り換えると、以前の感覚でスロットルをひねると怒涛のトルクで後ろを押され、エンジン回転が上がるにつれ中型車では経験しなかったパワーで車体を引っ張っていき気が付くと、いつの間にか速度がこんなに出ているなんて... こんな経験ないでしょうか? 特にリッターオーバー車など

現代のバイクから比べれば私の乗っているゼファーはスペック的になんの特出の無いオートバイですが、そこそこスロットをひねってやるといつの間にか...そこは腐ってもナナハン! と、言ったパフォーマンスを発揮します。 あと、コンパクトで軽い車体がお気に入り♪ そのせいか、大型車のような貫禄がなく同じ排気量のバイクと並べられると、小ぢんまりとしており、話しかけられる人にはエンブレムの‘750’の文字をみてやっとナナハンだねぇ〜 と、認識されるなど... (;´д`)トホホ… 年何回か中型車と間違われることも…

ちなみに国内仕様のバイクにはリミッターがついており、これを解除することによって愛車のパワーが限りなく発揮されます 
小さな排気量から大排気量までこの ‘リミッターを解除をする’ と、いう行為はバイク乗りなら通る道なのかも知れない... 多分 

そんな訳で今回はその‘リミッターを解除する’という儀式をやってみます


〜リミッター解除編〜

用意するもの
・リミッターカットパーツ(私はPOSHのものを使用)
・プラスドライバー

今回、使用するリミッターカットパーツは、POSHポッシュ:RED REV スーパーリミッターカット
DSCN1279_R.JPG

DSCN1280_R.JPG

思っていたよりコンパクトに出来ておりライトケース内には収まりそうな大きさである
この手の商品では、よく謳い文句で ’パワーアップ‘の単語を見ますが、私のゼファーでは、そのような効果はありませんでした。 最もPOSHのモノはゼファーに関しては、そのような表記がないので… 前に違うメーカーから出されていたものは、そのような表記があったとかなんとか

今回、選んだPOSHのリミッターカット部品はヘッドライト内に収めてあるカプラにー割り込ませるタイプなので、いわゆるカプラーオンな商品で誰にでも簡単に取り付けができます

組み付け方法の図
DSCN1282_R.JPG

まずヘッドライト外します ヘッドライトの外し方についていは、以前記事にさせているので下のリンクを参照して下さい

‘ゼファー750のヘッドライトを外してみよう’

ヘッドライトを外すと上記に添付した画像のようなカプラーを探します
探すカプラーは 4ピンで車体配線色(桃・茶・黒/黄・赤/青)

ありました これです
DSCN1283_R.JPG

見つけたらそのカプラーを外しリミッターカットを外したカプラにー割り込ませます
DSCN1284_R.JPG

こんな感じになります
あとは、リミッターカット部品をライトケースに収めます
DSCN1285_R.JPG

あれこれ、しているとライトケースに収まるので頑張りましょう
あとはエンジンの始動チェックをして走り出し各ギアでの変化がないかチェックしましょう エンジンが吹けなかったり調子が悪い場合は問題箇所をチェックしてみてください

例えば、社外の電装品、輸出向けCDI、メーター、ハーネス、etc...




posted by marchyoo at 10:57| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750 カスタム記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

Ninja H2

某所にて

Ninja H2.JPG

VFR750R?(左)とNinja H2(右)

VFR750Rも珍しいけど、まさかのモンスターマシン Ninja H2の実車がこの目で拝めるとは...
それにしてもカッコ良すぎる...!! ちなみに現在では完売らしく次のロットは何時入荷するのかは不明 値段もプレミア価格なオートバイですが、所有すればそれを越える何かがあると思います

Ninja H2RとNinja H2の詳細動画 
posted by marchyoo at 01:17| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする