2015年04月29日

電源チェックの巻

引き受けたはいいいけど、どこから手を付けようか? とりあえず電源チェックでもしましょうか!
初めから付いていたYUASAさんはすでに…
DSCN1505_R.JPG

3ボルトレンジにてやっと生体を確認 こいつ …生きてるぞ?!
だが、ここまで弱っているとバッテリーとしての機能はもうないはず。 なので数百円で買い取ってくれる解体屋にドナドナです

選手交代でつい最近、現役を引退した中華バッテリー 3年物!!(左)
DSCN1503_R.JPG

充電器にて元気を注入していざ、コネクト! キーONじゃああぁぁぁああああ!!!  カシュッ続きを読む


posted by marchyoo at 21:28| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | CB400SF(NC31)セミレストア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CB400SF(NC31)

友人の後輩クンにバイクを動かせるまでに仕上げて欲しいとのオーダーがあったので、とりあえず手を付けることに
現車 
DSCN1466_R.JPG

ホンダのCB400SF 形式NC31

私が現車を確認した時には外装はつねに外されている状態であり欠品もそれなりにありそうなオーラーが、ぷんぷんと漂っています… 以前のオーナーがレストアしている途中で諸事情によりできなくなり、このSFを後輩クンに譲ったらしい

輸送に至っては、深夜に友人のバンにて無理言って運ばしてもらった代物です。感謝感謝!

さて、動かすに至っては、それなりに懐にやさしい程でとのこと。 ただ、現段階ではどれくらいで済むのか分からないのは、ここだけの秘密 (((( ;゚д゚))))


posted by marchyoo at 07:35| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | CB400SF(NC31)セミレストア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

やっつけ補修

前回、折れたことに気がついたフロントスプリング このまま組むと気持ち傾いてしまうので、ホームセンターの資材館にあったゴムパッキンを使い応急処置を…

DSCN1336_R.JPG

こんな感じ
DSCN1337_R.JPG

スプリング買はなきゃな… orz
posted by marchyoo at 20:04| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

三条、長岡付近の探索

深夜に友人宅から帰宅し、バイクを触っていたら眠れなくなったので少し出かけることに
ルートは適当。 それでもって山道を走りたかったのでジェベルで行くことに

川沿いの土手を走ること1時間弱、三条の有名な?トンネル、旭隧道に到着 
DSCN1409_R.JPG

ちなみに、ここまでの道のりで睡魔に襲われ何回か引き返そうと思ったが、ここまで雰囲気がある隧道を目にすると興奮と違う意味で目が覚めます
実は、過去に何回かアタックしたことがありますが、いつも工事をしており通行止めでした。今回はバリケードもないしラッキー?

洞内
DSCN1411_R.JPG
DSCN1412_R.JPG
DSCN1413_R.JPG

入口前は工事が大体終わり至って普通だけど、後半から雰囲気マックスの素掘りになります。 いいよ、素掘り
洞内はそれほど寒くはない だが、普段は静かな純正マフラーのジェベルの排気音が不気味に洞内に響き渡り低いような高いような音をこだまさせる 写真撮影時はちょっとビビっていた

DSCN1416_R.JPG

やっと出ました 長かった (;´Д`)ハァ…

長さは700〜800Mはあったような… 道内はとても狭く軽自動車一台ががギリギリ通れるほど。私なら車で通ると、ぶつける自信があります
もちろん電灯などは皆無ですので、ヘッドライトを消すと、ほんとうの闇になりますので暗いのが苦手な人は要注意 ちなみに道内は水浸しですのでそれなりに対策しないと濡れます

もう一枚の出口の写真
DSCN1417_R.JPG

下手したら心霊スポット並に雰囲気が…
この隧道を抜けると世界一神社というものがあるのですが、今回はスルー 今、思えば調査すればよかった…
神社を抜け山道を上るんですが、これがまた酷くマッディでジャベルを何回もゴロリさせたことか(;´д`)トホホ… 
なんとか、生還したので記念撮影 一人でなにやってんだか
DSCN1418_R.JPG
DSCN1419_R.JPG

朝っぱらから汗だらだら 良い運動になったぜ!
そのあとはテンション爆超のまま廃道に行ったり
DSCN1425_R.JPG

地図にないような道を走ったり
DSCN1427_R.JPGDSCN1428_R.JPG

道中、アタックセクションも!
DSCN1432_R.JPG
DSCN1433_R.JPG

本日、何度目のゴロリなのか(;´Д`)アウ...
DSCN1435_R.JPG

無事に登頂!
DSCN1436_R.JPG

天気は最高!
DSCN1443_R.JPG

展望もよし!
IMG_0863_R.JPG

草ヒロ、ジムニー! 11の一型かな?;゚д゚)ゴクリ…
DSCN1445_R.JPG

洗車が捗りそうな探索でした(;´Д`)
posted by marchyoo at 23:11| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

ZRX400にナビの取り付けをしてみた

友人から頼まれた代物
DSCN1343_R.JPG

バイク用のナビ ツーリングの強い味方です♪
 私はスマホのナビを使用していますが、雨天時やスマホを取り付ける際に使うタンクバック又は、固定ホルダーなどの装着をするなど、一手間かかり如何せん不自由な時が多々あります…
 だけど、バイク用のナビは一度取り付けてしまえばスマホを使うナビより手間がかかりません。 突然の雨やスマホをナビ以外で使うときなど… これさえあれば快適なツーリングライフを満喫できます。 ⊂(^ω^)⊃ブーン
 では、では、取り付けていきましょうか!

まず、電源の取り出しから
キー、ON時にナビが連動するようにとオーダーが、あったのでそれらしい配線を探します
テールランプはキー、ON時に常時ついていますので、ここから電源を取るとします
DSCN1342_R.JPG

ハーネスからお手軽に配線を分岐できる代物を使い電源は確保完了
DSCN1348_R.JPG

今回、使った分岐コネクタは取り外しができるものをチョイス これを使えば整備するときに少なからず手間が省けると思ったので

起動確認
DSCN1354_R.JPG

問題はなさそうです
後は、ナビの配線をハンドルまで伸ばして仮組み
DSCN1357_R.JPG

ハンドルの取り回しなど気にしながら配線の位置を決め、組んでいき無事にナビの取り付け完了です

取り付け前
DSCN1339_R.JPG

取り付け後
DSCN1361_R.JPG

写真の写りではメーター周りが見にくいように見えますが、乗車してみるといい感じです
これで、ツーリング快適仕様の完成です (`・ω・´)ゞビシッ!!
posted by marchyoo at 03:37| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ZRX400 カスタム記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

ジムニーのフロントショックマウントの補強

JA12、22系の泣き所フロントショックマウントの破損、またはショック取り付け穴の広がり
私のジムニーも例外ではなくこの症状が進行していました

フロントショックマウントの穴の広がり
DSCN1323_R.JPG

DSCN1325_R.JPG

穴が楕円形に広がっているのがわかります
穴が広がったことによってショックの取り付け位置もズレている
DSCN1316_R.JPG


このまま、放置しているとクラックが無数に入り、最悪ショックアブソーバがショックマウントを突き破るとのこと…

 この症状は12、22系で見られますが、特にリフトアップ車両で硬いショック又はスプリングを入れ激しいクロカンなどをする人やバンプストッパーのクリアランスが広すぎる車両は、ショックマウントの穴の広がりが比較的に早く進行していると思います。

このフロントショックの点検はとても簡単なので気になる方は目視での点検をオススメします。 点検をすると穴が広がり過ぎたりクラックの進行具合が酷かったりしましたら早急の修理、補強をしたほうがいいでしょう

本来なら新品のショックマウントを溶接して修理したほうが、今後の為にとも思いますが、如何せん修理代が高くつきそうな箇所ですね…
ですが、ワイルドグースから12,22乗り待望の補強品パーツが出ていたので、今回はこれで補強し様子見とします

ワイルドグースから購入できるフロントショックマウント補強キット
DSCN1326_R.JPG

大プレートをショックマウントの裏に入れ、小プレートで上から挟み固定する方法で今回は補強します。
大プレートを入れている図
DSCN1329_R.JPG

この後は、ショックをショックマウントに取り付け小プレートを上から被せロックナットをしめショックを固定しておしまいです。
 本当は溶接にて、しっかりと固定させたほうが強度も出ると思いますが、そのような設備がないので今回はこれで良しとします
この商品はプレートの厚みもあるのでショックマウントが破れている人はこれを溶接して修理もできます。元々は溶接修理のための部品だと思います。 ですが、このような商品を出してくれるのはユーザーにはとても嬉しいことですね!

補強後
DSCN1335_R.JPG

ショックのセンターも出ました♪ 今後、ショックマウントが破れたりしたら、この補強プレートにて溶接したいと思います。 破れないと良いが… ;´Д`)アウ



〜おまけ〜
DSCN1327_R.JPG

DSCN1319_R.JPG

DSCN1321_R.JPG

す、スプリングが折れている… だと?! 

ど、どうしようかな… (((( ;゚д゚))))アワワワワ
posted by marchyoo at 16:40| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニーの整備&記録(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

国道49号線の付近の探索

福島に抜けたり太平洋側にアクセスするときに使う国道49号線 今の仕事柄この道を通行することが多いので馴染みの道でもある。49号線を走っていると、旧道や気になる周辺のスポットなどが目に入るので少し調査をしてみた

道の駅 阿賀の里を過ぎしばらく進むとトンネルがありますが、トンネル入口付近を見ると何やら怪しい道を発見
進むと川伝いに走る旧道でした
DSC_7669_R.JPG

DSC_7670_R.JPG

道路のセンターラインはうっすらと残る 道路脇の木々が道を飲み込むのも時間の問題だろうか

今では役目を終えている看板 いい感じにくたびれていた
DSC_7672_R.JPG

確か同じ看板が49号のどこかにあったような…? ここ最近になってバイパス化し新しく廃道になった場所にあったような… 
この標識を過ぎると五十島隧道が現れる
DSC_7674_R.JPG

DSC_7677_RR.jpg

内部は多少やれてはいるが、激しい損傷などはなくいつでも現役に復帰ができそうな感じ
DSC_7679_R.JPG

DSC_7678_RRR.jpg

さてと次は林道の標識があったので林道へ
林黒岩大牧線
DSC_7686_R.JPG



道は舗装され走りやすい ただ、くねくねと標高を稼ぐような道なのでスピードの出し過ぎは禁物
途中、見晴らしのよいポイントを発見
DSC_7687_R.JPG

ここからは阿賀野川沿い伝う旧49号線が見渡せる
先に進むが積雪で足止め 迂回しようと脇の開けた未舗装路を使うが、なんと雪解け水でヌタヌタになった路面であった… orz
DSC_7690_R.JPG

奮闘するもバイクがセルフ停車してしまうほどマッディ
DSC_7692_R.JPG

降車して押したり引いたり やっと出てきた愛車はマッディに… うっほ!
DSC_7693_R.JPG

こりゃぁ洗車が捗るぞ ふへへ (;´Д`)
更に先に行きたいが、4月初旬ともあり山間部はまだ雪が溶けていなく足止め状態
DSC_7800_R.JPG

そんなんで道を引き返す 近くにダムを発見
DSC_7694_R.JPG

DSC_7713_R.JPG

DSC_7695_R.JPG

DSC_7706_R.JPG

DSC_7716_R.JPG

ダムの名前は揚川ダム ただ、放水している水の勢いがすごい
このダムを渡り対岸側に行き川沿いに走ると猫がそれなりに住んでいる集落へとつながります
DSC_7719_R.JPG

右耳にクモの巣がついていた

DSC_7721_R.JPG

DSC_7720_R.JPG
 
DSC_7734.JPG

まだ冬毛なのか、もっふもふである 
癒しパワーをもらい先をゆく 
国道を外れ集落を走っているといい感じの雰囲気の神社を発見 思わず立ち寄る
DSC_7735_R.JPG

DSC_7726_R.JPG

DSC_7747_R.JPG

境内の祠は昭和3年に奉納?
DSC_7742_R.JPG

狛犬の雰囲気がまた良い味を醸し出している
DSC_7756_R.JPG

鳥居と共に
DSC_7765_R.JPG

雨上がりのコケは好き
DSC_7729_R.JPG

この神社をあとにし、またしても旧道探索
この穴はなんだろうか?
DSC_7780_R.JPG

内部は結構長そう
DSC_7783_R.JPG

この道沿いに小さい穴が多数あったので何かの採掘でもしていたのか?
旧道はまだ、雪が残っており先に進むのが大変であった
DSC_7784_R.JPG

道自体は大きな破損もなく状態も良いので走りやすいのが好印象
DSC_7793_R.JPG

DSC_7795_R.JPG

DSC_7796_R.JPG

福島の近づくほど残雪が多いので、なかなか上手い具合に進まない なので今回の探索はここまで
実は目標であった新潟〜福島間の旧道に存在する白看が目当てであったがまた今度にしよう
posted by marchyoo at 15:23| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PMC 三又(ステム)エンブレムをつけてみた

フロント周りをお手軽にドレスアップ♪

〜before〜
DSC_7642_R.JPG

〜after〜
DSC_7651_R.JPG
DSC_7658_R.JPG

少し旧車チックに近づきました。 今後はホイールがほしぃ…
三又(ステム)エンブレムの取り付け方は下のページを参照して下さい

・ゼファー750に三又(ステム)エンブレムをつけてみよう

posted by marchyoo at 10:29| 新潟 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ゼファー750 カスタム記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

タイヤ交換

なんだかんだトレールタイヤに変えてから1万キロ走り、目が減ってきたので交換

DSCN1315_R.JPG

NEW!タイヤはやっぱり気持い 前まで履いていたのはブリジストンのTW301/302 
今回はダンロップのD605にしました。 次回はT63にしたいぞ!

履き替え後はタイヤの変更による違いなどが気になったが、大してよくわからん (汗) ただ、ダートでの食い付きが良くなったのは間違いないと思います 笑

トレールタイヤで一万キロ走ったタイヤの比較

リアタイヤ
DSCN1308_R.JPG

1万キロ履いたタイヤ(TW302)
DSCN1310_R.JPG

中央のブロックは2部山ほど サイドは余りまくり \(^o^)/

NEWタイヤ(D605)
DSCN1311_R.JPG

新品タイヤのイボイボってなんか好き

続いてフロントタイヤ
1万キロ走行タイヤ(TW301)
DSCN1313_R.JPG

センターは3部山ほど サイドは、まだまだ使える

NEWタイヤ(D605)
DSCN1314_R.JPG

初めてのトレールタイヤでしたが1万キロは持ってくれってびっくり 

posted by marchyoo at 09:32| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | スズキ・ジェベル250XC その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

ゼファー750に三又(ステム)エンブレムをつけてみよう

さて、春に入ったのでバイクでも少しは弄りたいところです。 手始めにフロント周りを少しドレスアップしました

 Z1000Mk2やFXなど、昔のカワサキ車にオプションとして付けられたステムエンブレム ZRXの時に付けようとしたが、適合車種から外れていたので付けるのを諦めた心残りなパーツなのである

PMC製ステムエンブレム
DSCN1265_R.JPG

カラーは画像のメッキの他、ブラックが有り

 時は流れゼファーに乗っている今、なんとこのパーツがつけれるではないか! ほとんどノーマルな私のゼファーですが、フロント周りを純正ぽく、いじるためにつけてみました

今回、使用したパーツ
DSCN1264_R.JPG

上からステムエンブレムで下が車種別取り付けステー



〜ステムエンブレム装着編〜

用意するもの
・ステムエンブレム
・取り付け金具
・ヘキサゴンレンチ
・スパナ
・プラスドライバー
*グラインダー (エンブレムがライトケースに干渉する場合)

大まかな使用する部品構成はこんな感じ
DSCN1267_R.JPG

取り付け箇所はフロントブレーキジョイントのところ 手始めにジョイントのボルト2箇所をヘキサゴンレンチで外します
DSCN1266_R.JPG

そうしたら取付ステーを仮組みします
DSCN1270_R.JPG

ステーの向きは一番端にある左右の穴が下向きです
DSCN1269_R.JPG

あとは、ステーをブレーキジョイントに付けエンブレムも取り付けたらおしまいですが、なんと! エンブレムがライトケースに当たりはまらない!? これ、車種別専用部品だよね...
 説明書を見てみると 「ライトケースに当たる場合はカラーを切ったりワッシャを増したりして調整してね☆」 な、なにぃいいい〜!!
 そんな訳で7mmほどカラーをカットして無事に取り付けられました
ここをカット
DSCN1273_R.JPG

カット後
DSCN1274_R.JPG

手元にあったグラインダーでカットしました
ステーを取り付け
DSCN1272_R.JPG

最後にエンブレムをステーに付けプラスネジ二箇所を締めおしまい

エンブレム取り付け前
DSC_7642_R.JPG

エンブレム取り付け後
DSC_7651_R.JPG
DSC_7658_R.JPG

いい感じにフロント周りがドレスアップしました♪
posted by marchyoo at 20:00| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアバルブ交換

さてさて、冬も終わり絶好のバイクシーズン到来!! と、言っても我が新潟県は雨ばっかりであった... orz 関東の天候が羨ましい! 早く晴れてくれぇ〜い! 
 そんな訳で友人のバイクの車庫出し作業を開始 前に頼まれていたエアバルブ交換をしす
DSCN1286_R.JPG

ピンボケでわかりませんが、無数のヒビが入っていました
DSCN1288_R.JPG

画像はリア側

 フロントにも経年劣化が見られヒビが入っていたが、リアはフロント以上に酷く、オーナーの応急処置が施されていました。 バルブを触り傾けるとエアーは漏れなかったが、何時、漏れるかは時間の問題だと思うほどの劣化具合

 私も劣化したバルブで高速を走行中にバルブが吹っ飛び怖い思いをしたことがあります。この時はクルマでしたが、あまりにもすごい破裂音とハンドルのブレだったので最初はバーストかと思いました。、近くのPAで見てみると半分潰れ異常過熱したタイヤに首の皮一枚で繋がっているエアバルブ... 
 高速でのエアバルブの破損は思った以上に怖かったです。 もしも、これがバイクでの運転中だと思うとゾッとしますね...

 リアのバルブを外して、新品と比較してみると一目瞭然 (左、新品 右、劣化したバルブ)
DSCN1289_R.JPG

画像では首が外れていますが、外す工程で首が取れました。 と、言うことは、それほど傷んでいたのであります 
 劣化する箇所はホイールから出ている、根っこのほうが傷んでいることが多い気がします。
今回はフロント、リア共に交換しました。 本当はタイヤ交換した際に一緒に交換すれば手間がかからない箇所でもあります。私自身も軽視しがちな点検箇所ですが、手で触り目視で劣化具合がわかりますので、エアを入れたついでに見ておきたい箇所だと思いました。 
posted by marchyoo at 07:44| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ZRX400 整備&メンテナンス記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

Arai ASTRO-IQ

オフメットと同時にオンメットも新調達

DSC_7667_R.JPG

選んだのは念願のアライ製のヘルメット ASTRO-IQ

 今まで使っていたOGKのフルフェイスは、18の時に某中古ショップで2980円の中古品である。 今でも使えるが、シールドの変えが出ないとの中古で買った型落ちともあり、買い替えることに。 
 それでも5年間は使用したので愛着らしきもの?は、ある

 こうして、家に帰っているとオートバイに乗っている時間が多いこともあり、高校の頃から欲しかったアライのフルフェイスをチョイス
 値段はそれなりにしたけど、満足感でカバーしているのである(笑) 
 

 
posted by marchyoo at 06:23| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

アライ ツアークロス3

オフ車を購入してから普通にオンロードメットを使ってきたが、やっぱりオフ用のメットも欲しい…!
そんな訳で、ヘルメットもオフ用を購入

DSC_7665_R.JPG

選んだのは、ぱっと見てデザインが気に入った Arai TOUR-CROSS 3

今度はブーツやプロテクターなども欲しいぞ…!!


posted by marchyoo at 08:57| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。