2013年10月30日

ゼファー750のフロントホイールを外してみよう

ゼファーもいろいろ整備ができるようになったので、整備記録を書いていきます 
初めにフロントの着脱から 

フロントホイールを外すことによってフロント周りの整備、タイヤ、ホイール交換などなど、整備性や仕様変更の幅が広がります
以前にZRX400のを書きましたが、同じカワサキ車なんで、基本は一緒です なので記事に全く同じような説明がされています

〜フロントホイール着脱編〜

用意するもの
・めがねレンチ(口径は忘れました・・・
・ヘキサゴンレンチ(同じく忘れました
・ペンチ
・パンタグラフジャッキ2脚
*バイクメンテナンススタンド(センタースタンドを外している車両は用意です)


最初に車体を地面がしっかりとしているところで、センタースタンドを使い車体を水平にします
ここで、センタースタンドを省略している車両はバイクメンテナンススタンドを使用します


さて下準備に、まずキャリパー(ブレーキ)を外します
ボルト2箇所を止めです 画像は右側ですが左側も同様です
Zep750 F2.JPG

ブレーキホースをフロントフェンダー、アウターチューブ(フロントフォーク)で固定しているクランプ2箇所を外します 反対側も同様です
フェンダー側のクランプは外しにくいので、フェンダー裏からクランプの返しをつまんでやると、外しやすいです
Zep750 F3_R.jpg

今度はフロントフォーク左側にメーターケーブルがあるのでこれも外します
ペンチでロックナット緩めて外しましょう
Zep750 F4.JPG

次はフロントフェンダーを外しますが、車体の浮かせた高さによってはフロントフェンダーを外さずにホイールを外すことができます
今回は、パンタグラフジャッキでの作業だったので高さが稼げずフロントフェンダーを外しました
フロントフェンダーのボルトは片側2箇所、は計4つのボルトで止められています 少し面倒ですがボルトはフェンダー裏側にあるので、頑張って外します 
Zep750 F5.JPG

DSCN0013_R.JPG

これで下準備は終わりです ここからはホイール着脱作業になります
ホイールは中心にアクスルと言う長いボルトで差し込まれ固定されていますので、このアクスルを外すとホイールが外れます
このアクスルはフォーク両側面のボルトで閉められており、どちらかのボルトを緩ますと片方が空回りし外れません
なので、アクスルを固定しているボルト(アクスルクランプボルト)画像右の箇所をを緩まさず左箇所のクランプボルトだけを緩ますことで、供回りを防ぐことが出来ます 
Zep750 F6.JPG

そうしたらアクスルを特大のヘキサゴンレンチで緩ませます 
Zep750 F7.JPG

アクスルを緩ませたらパンタグラフジャッキ2脚を利用し前輪を持ち上げてから残りのアクセル抜き取りホイールを外します
ジャッキはフレーム等、凹まなく車体が安定している箇所にかけましょう
ジャッキ掛け時は車体が不安定になりますので、車体が倒れないように注意しながら慎重かつ均等に上げていきます
Zep750 F8.JPG

私はエンジンガード取り付け下部をジャッキアップポイントにしました
ホイールが外れた図
Zep750 F1.JPG

やったね! ホイールがはずれたよ!

これで作業は終わりですが、アクスルを取りホイールを外すとなにやら2個ほど部品が外れる場合があります
外れるのはメーターギヤとカラーですので、なくさないように注意してください
メーターギヤ、カラーはこのような構成になっています

DSC_4240_R.JPG

カラーは車体正面からみると右側でメーターギヤは左側です
あとメーターギヤには取り付け箇所がありますのでこの箇所に合うようにギヤをはめ込みましょう

DCF00632.jpg

メーターギア側の画像はありませんがギア側にもはめ込む凸部がありますので、この凸部を画像の取り付け部に合わせるようにはめます

後は逆手順で組んでいき作業は終です
posted by marchyoo at 21:36| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

ステアリングの調整

以前、60km/h以下で車体が小舟のように左右にふらつく症状が出たのでステムベアリングをグリスアップしました
ベアリングやレース部は、グリスが切れカピカピ状態だったのですが、運良くアウターレース、ベアリングに痛みはなくグリスアップを施す事によって、60km/h以下での小舟のような左右に揺れるふらつきは改善しました

この作業をしたのは、三ヶ月ほど前 久しくゼファーに乗るとまたしても小舟のような左右のふらつきが出てきました
最初はステリングステムナットが緩んだものだと思い、増し締めしてみましたが、症状は改善されません
調べてみると、典型的なステムナットの締め過ぎだとこのような症状が出るとのことらしく、見た通りにステムナットをステムナットを緩めてみると左右に振れる症状は治りました

ですが、ここ最気になってフロントからまた違和感がするようになりました 症状はフロントブレーキ時にコツコツコツとフロント周りから振動がするのです
この症状はステムべリング、レースの痛みやステムナットの締め不足時に起こるとのことです
ステム周辺を調べてみると、なんと! ステムヘッドボルトが手でませるほど緩んでいるではないか!!
完璧なる整備不良でした・・・orz
ヘッドボルトを締めて見ると、ブレーキング時のコツコツコツとする振動はなくなりました

それから数週間ぶりに走らせると、70km/h以上の時にフロントブレーキを使用するとフロントが激しく暴れだしてしまい大変びっくりしました(汗)
ブレーキング時は振動の激しささでメータ−もブレてしまい上手く見れません
どうやら、ステムナットを緩めすぎたらしいのです 増し締めすることにより症状は治りました

ちなみにサービスマニュアル(ZRX400用)だと手締めでも良いほどのトルクだそうです
確かに初めてステムナット外す際には手で緩みました
最初はこれが信じきれず、キツキツに締めてしまったために小舟のように左右に振れてしまったのです
組んだのをばらすのが面倒なので、工具で憶測の感覚で緩めた結果、今度はフロントブレーキング時の暴れが発生しました
今は、振られたりフロントが暴れるような状態にならない位の締め加減になりブレーキング、ハンドリングともに満足のできる調整になりました。 もっと煮詰めれば、より良くなると思われますが、根気と時間がかかるのでこのままでいきます

ステムナットをキツキツに締め過ぎたときは峠でのコ−ナーリングがもっさりとした気がします
連続コーナーでの切り返しがテキパキできず、操作が上手く出来なかったと思います
反面、街乗りでの低速コーナーでのハンドリングは重いとは思いませんでした
速度を出すと、小舟のように左右に車体がふらつきます(締めすぎるとベアリング、レース間の余裕がなくなり車体がふらつくとの事です)
締めすぎるとフロントを浮かし、指一本でハンドルを曲げようとすると途中で止まります

緩めすぎるとコーナーでの違和感はあまり感じられず、至って普通 私のへっぽこワインディングではわかりませんでした
フロントブレーキング時にコツコツコツと振動がします
ちょっと緩んでいると70km/h以上からのフロントブレーキング時にフロントが暴れだします メーターが識別できないくらいに揺れます(汗)
70km/h以下でのブレーキング時は、そのような症状は出ませんが、ブレーキディスクが歪んでいるのではないかと疑うくらいにクックックと間隔をあけて効きが強い時と弱い時の差がでます この間隔を開けた効きのために低速時はフロントブレーキがすごく使いづらいです

私が感じたことはこんなところです。 ステムナット締める加減が難しいと思います

posted by marchyoo at 19:52| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

バフ掛け

この車両を買ったときから気になっていたジェネレーターカバーの腐食
ばふ1_R.JPG

外装も新品に取り替えパッと見て綺麗になりました しかし! ジェネレータ、ポイントカバーなどにアルミ特有のサビ、腐食が有るとなんだか… すっごく目に移り気になります!
まだ、純正部品が出ているので、カバー類の入手は可能ですが、この部品は結構高い! ジェネレーターカバーは8000円ほど、だと記憶しています
新品を入れるのも悪くはないですが、金額も張りますし、前々からやってみたかったバフ掛けで、輝きを蘇らせたいと思います 
バフ掛け後(ジェネレーターカバー)
ばふ2_R.JPG

腐食して見てくれが悪くなったカバーをそれなりに復活させました
使用したものは、3000円ほどのグラインダー、フェルトバフ、青棒、ピカール、金属の表面を綺麗に磨き上げるワックス?(私はマザーズを使用しました)
最後のワックス以外はホームセンターですべて揃えました。 グラインダーは昔に買ったものを使用
バフ掛け後は完璧な鏡面とまでは行きませんが、カバーに景色が映り込むほどの輝きになり大変満足
作業後は青棒のカスが服などに大量に付き即洗濯行きになります(笑)
細かい箇所は手持ちのフェルトでは届かないので、多少磨きが不足してしまいましたが、目に届くような箇所ではないので今回はスルーしました 
バフ掛け後は満足のいく輝きになるので結構ハマります 
もし、根気があればフロントフォークカバーもやってみたい! ですが 多分、やらないと思います(笑)


posted by marchyoo at 01:28| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

ゼファー750の燃費

昨日、蔵王へ行ってきました

Zaouおかま.JPG

数年ぶりに足を運びましたが、山頂に行くにつれ青空に映える紅葉がとても綺麗でした
山頂の御釜もガスや雲もなくGood!
おおよそ400kmほどのソロツー バイクでヤエーもできたし満足満足!
ここでロンツーの燃費を初測定
 
Zep750燃費.JPG

県境を越える途中で燃料計の針がレッドラインへ 新潟まではおおよそ80km以上 大丈夫かなぁ…
県境超え道中、やはり怖くなって山にある給油所で入れようとしたが、まだ行ける! 心に言い聞かせながら勇気100%で新潟へ
何とか新潟に付き街中のセルフスタンドで給油 この時の走行距離は340.2km
燃料計の針はレッドゾーンを振り切りエンプティーの‘E’文字の斜め上を指していた この時でもタンクを開け車体を揺らすとガソリンがタンクキャップまで見える位入っている
ガソリンを入れるとキャプギリギリまで入れると、12,82リットル ゼファーのタンク容量は16Lだったので、おおよそ3リットルはまだ残っていることになります。 やはりZRXやジムニーの燃料メーター同様、ゼファーも、あまり当てに成らないメーターのようだ 多く表示されるよりは良いか

計算すると燃費は26.5km 思ったよりいいじゃないか! ZRXには若干及びませんが、排気量からくるパワーを考えれば全然気になりません むしろ驚きました!
噂には聞いていたがこんなにも良いとは… 走行ペースは前の車をあまり抜かない基本ゆっくりツーです
この前はワインディング、近場の移動、移動前の数分の暖気でも一リットルあたり24km走りました
ツーリング時にほとんど5速固定でしたので坂道でもシフトダウンしギアを選べばもう少し燃費は伸びるかもしれません

posted by marchyoo at 11:45| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750(ZR750-C10) その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

久しぶりに帰宅すると・・・

久しぶりの更新 ゼファー750を購入したは良いが時期的に仕事と重なり、全く乗れませんでした orz
実家に数ヶ月ぶりに帰宅し溜まっていたバイクに乗りたい欲求を発散すべく、玄関前のガレージへ直行! ガレージといってもただの車庫です 

ガレージのシャッターを開けると、銀色のシートを被った姿が見に入り思わず口元がニヤリと微笑む
バイクカバーを慎重に捲り上げると、そこにはゼファーの姿が・・・ 当たり前か!
Zep750.JPG
 
暫く眺め自己満足に浸りエンジン始動の儀式をなすべく車体の左側に歩み寄る
燃料コックをPRIにひねり、ガソリンを抜いたキャブレターに二ヶ月前のガソリンを送ってやる(笑)
キャブレターにガソリンが行き渡ったのを確認しチョークを引く ついでにアイドリング調整スクリューをひねってやり高めのアイドルにしておく こうしておくとチョークを戻したあとにアイドリングがしやすい

キーシリンダにキーを差しONへ回す ポウッとインパネ周りが点灯するのが目に入る
あとはイグニッションスイッチを押すだけでコイツのエンジンは動き出す! 
タンクに手を置き、かかってくれよ!と、問い掛けイグニッション

キュルルルル〜 ブオォーン ブオオォォォォォオオオ

仕事に行く前にキャブレターを洗浄しておいた甲斐があり二ヶ月ぶりでも一発でかかった
チョークを下げアイドリングをしエンジンを温める だんだんとアイドルが安定し高まってく
そうなればアイドリング調整スクリューで回転を下げあとはゼファーに乗るだけ
調整スクリューに手を伸ばすと、ある異変に気づく・・・ ガソリン臭い!
キャブを見てみると1,2番のフロート合わせ面からガソリンが染み出ているではないか!
しかも1,2番のフロートパッキンは新品に交換したはずなのに!!! まぁ、ケチって安物のパッキンを使ったが・・・
こうなるとゼファーには乗れない oh…

さっきまでの気合や気分が一気に萎え寝ることに 
深夜、パソコンの再起動を繰り返す音で目が覚める
静かな部屋に連呼するファンやピープの音 あまり良いモーニングコールではない
ぼんやりとした頭で画面の電源を入れ眺める BIOSの画面が出て暫くするとウインドウズの旗があらわれHDDを読み込む なんら変わりない場面である あとは、‘ようこそと’書かれたブルーのスクリーンをを待つだけ
ウインドウズの旗が消え、パッと英文が書かれたブルースクリーンが一瞬だけ現れパソコンの電源は切れてしまった
ぼんやりとした頭でもその時、何が起きたのかは分かった HDDが終わったと・・・\(^^)/
ついに逝ってしまったか… 不思議と諦めが付き焦りや苛立ちは起きなかった  仕事疲れとゼファーの一件があたからであろう
こうなると、もう寝直すこともできず、HDDを外し再度取り付け起動すると嫌な音が聞こえ始めた
シュイーン カツンカツン ミ゛イィィィィィイインン \(^^)/
こうなると、もうだめだ データのバックアップもロクに取っていなかったのを思いだし、この時、初めて後悔という言葉が頭をよぎった

5年間お世話になったHDD右
DSC_4168_R.JPG

前からHDD読み込み時に異音はしていたが、このタイミングで逝くとはな…
これではネットすらできないので、手持ちのバックアップ用に買ったHDDをメインにし、OSを入れ直すことを決断
バックアップ用に買ったHDDがメインになるとはなんとも皮肉なことだろうか
さらに後悔する 面倒くさがらずにバックアップを取っていたら…orz

とりあえずOSを入れ直している図
DSC_4170_R.JPG

数時間後 そこには、まっさらになったデスクトップ画面が! 綺麗になりやがって…
OSがXPなので更新などで結構手間取った 何とかパソコンがまともに使用できるようになった頃には日が昇り小学生であろうか、賑やかな声が外から聞こえる
ひと段落付き疲れがドッとでたので寝るが数時間後には目が覚めもう寝れない ちきしょう!

キャブレターのパッキンを頼みにバイク用品店に行き、そのほかもろもろ頼んだら1万超えになってしまった
特にヘッドガスケットが高かった
自宅に戻り何を思ったのかポイント、ジェネレーターカバーをバフ掛けをする さらに疲れる
翌日、またしても何を思ったのかヘッドを開きタペット調整をしだすが、規定値内に収まっていたので無駄足だった 
翌々日、部品が届き組みだす ヘッドガスケットが紙製だったので合わせ面を傷つけないように剥がすが、これが神経と時間を使いすごく疲れる 無事にヘッドは完成
問題の1,2番キャブの安物パッキンは耐油性があまりないのか、ふにゃふにゃにふやけてしまい使い物にならない
やっぱり純正パッキンは高いだけの意味はあります
ここまで来る頃には時計の針は日を跨ごうとしていた ずっと座ったり中腰での作業だたので頭も体もクタクタであり風呂に入ってすぐに寝たい だが、ここまで来ると乗られずにいられない

暖気を済ませ走り出す 快調に走り出すゼファー 至福の時である
だが、T字路を右に曲がろうとした時にハプニングが起きる
緩い速度で右えバンクし右折、車体を立て直そうとアクセルを開けた瞬間
ズルッ ブオオォオオ ガシャッズザーン! 中学以来やっていないスライディング そして綺麗に散る火花火花 足イテェ…
そう、右側に転けてしまったぁぁぁああああああ!!
幸い人や車も皆無 速攻で車体を立て直し体よりもバイクの被害チェック!
見てみるとマフラー下とエンジンガードに傷が付いただけで済んだ やはり純正エンジンガードは緩い速度では、あったが大いに車体を守ってくれました!
そのあとに足が気になり右足を見るとズボンに穴があいている 血はあまり出ていないし、あまり痛くないからそのまま50kmほどゼファーを楽しんだ バイク最高ー! ズキズキズキ…。
翌朝、右足膝が磨りおろし大根状態でマジで痛いし曲がらない動かない とりあえず、絆創膏貼っておk
てか、親知らずも痛いぞ
長くなってしまいましたが10日間に起こったことをまとめて書いてみました

posted by marchyoo at 23:39| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする