2013年04月14日

プロペラシャフトの異音と振動

ある日の出来事である 訳あって2週間の閨A勤務先に放置(駐車)していたジムニー
久しぶりに運転すると60kmを境に車体の振動とウオォーンと響く異音がひどくなっているではないか
この症状は以前、プロペラシャフトの組違いによるものと良く似ている プロペラシャフトを念のため目視確認するが無論、問題はない

念には念を入れ外して点検するとリアデフ側のスパイダージョイントがカチカチに固着して動かない!
プロペラシャフト.jpeg

ドナーのペラシャと問題の箇所(赤丸印)
プロペラシャフトは高速に回転しているので角度の自由を効かすスパイダージョイントに異常が生じると不快な振動とウオォーンと唸る音が速度が上がるに連れ酷くなる傾向があります
私の仕事先は塩カル(消雪剤)撒きまくる地域なのでどうしても下回りの問題が出てきます
不快な振動や唸る音が出た場合は一度、プロペラシャフトの点検をすることをおすすめします
ドナーのJA22用プロペラシャフトに交換したところピッタリと振動と異音は解消されました


posted by marchyoo at 18:11| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニーの整備&記録(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。