2012年10月14日

ジムニーのハンドルをセンターに合わせてみよう

リフトアップ時にハンドルセンターずれてしまいました
H0.JPG

少しのズレなら気になりませんが、ハンドルがセンタ−から30°以上もずれてしまうと流石に気になります
センター合わせはハンドルのギヤボックスとフロント左ナックルにつながっている棒を調整することで出来ます

H1.JPG

棒の名前はパーツリストによるとロッド、ステアリングドラグっと記載されています
センター合わせは棒の中央のモノを回して調整しますが、ここは左右にロックナット固定されていますので初めにロックナット外していきます
ギヤボックス側のナットは正面から見て右回しで緩ませる事が出来ます
DCF00974_R.JPG

反対のナックル側も緩めます 正面から見て左回しでゆるみます
DCF00975_R.JPG

実はこのロックナットちょっとの事では緩みません(個体差有り)
事前に呉556などの浸透油を注して画像のようにモンキーレンチの柄に単管パイプを差し延長することによって緩ませるのが容易になります
H2.JPG

このロックナット自体を回すと調整する棒も動きます 
なので無理に外そうとすると棒両端のジョイント部が破損する可能性が出ますので棒の中央にある四角の場所にレンチを掛けラテルロッドもしくはボディー側に当て棒を固定するようにすると良いです(この当てている場所でハンドルを修正します)
DCF00976_R.JPG

ロックナットが緩んだら先ほどのナットを緩ませるために棒を動かにように固定していた所に再度レンチを掛け修正したい方向に回すとハンドルは修正されます


posted by marchyoo at 19:10| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニーの整備&記録(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。