2012年10月10日

ジムニーの燃料フィルターを交換してみよう(JA12,22)

ガソリンタンクには目に見えないゴミやサビそのほかもろもろの異物などが混入している場合があります これが過給器やエンジンなどに入った場合あまりよろしくありません それを防ぐために燃料タンクからインジェクターにかけてろ紙を丸めて異物やゴミなどを拾うフィルター(燃料)がります
旧型の箱ジムニーの場合、最終型の12、22系(板ばねのJA11の場合は17年以上)の製造がH10年なので14年前の古い車になりますので燃料タンク内がサビ、これが燃料フィルターに詰まり燃圧をさげエンジンのポテンシャルを下げている可能性も出てきます
本当に燃料フィルターが詰まるとエンストが多くなったり加速時(燃圧が高いとき)などに燃料が行かなくなり回転が上がらない、車体がガクガクと振動しエンジン回転数が上がらないなどの症状が出てくるらしいです
ターボ車などは燃料の供給が途絶えたりするとタービンにあまりよろしくないらしくタービンブローの原因にもなるらしいです
私のジムニーも交換歴がなさそうなので交換してみよう思います

〜燃料フィルター交換編〜

*注 ガソリンを扱う作業ですので火気厳禁です

用意するもの
・6mmのレンチまたはソケット
・燃料フィルター(部品番号 15410-83C00 フィルタ、フューエル)

私は燃料フィルターを某オクで3000弱でGET 純正も予想ですが少し高い位のプライスだと思います
燃料フィルタはリア右車体下にタイヤハウス内からチラッと見えます
分からない場合は車体に潜ると見つけることが容易ですヨ!
N1.JPG

交換自体はこれを外して変えるだけですが、バイクみたいに直接外そうと燃圧が掛かっていますので水鉄砲のようにピュ〜とガソリンが噴出し顔面に聖水を浴びるハメになるので、それを防ぐために燃圧を下げておく下準備が必要です

上記のようにならないように燃圧をある程度下げます
方法はまずエンジンルームを開いた状態でエンジンを始動し燃料ポンプのリレーを引っこ抜きエンストさせるだけです
N0.JPG

リレーを抜くと燃料ポンプが動かなくなり燃料の供給が立たれるので2〜3秒でエンストしパイプ内の燃圧が下がります
リレーは年式によって配置の場所が変わりますので注意です。
どれが燃料ポンプのリレーなのか見分ける方法はキーをON(エンジンはかけませんヨ!)まで回して車体に電気を供給した時に車体後部からウイ〜ンと言う音がします。 これが燃料ポンプの音なので疑わしいリレーを外し、またONまでキーを回しこの音がしなくなれば、そのリレーがポンプのリレーだということになりますここのウイ〜ンという音は結構大きいのでわかると思います

さてこれで下準備は終わりましたので燃料フィルターの交換に着手していきます
フィルターを固定しているボルト6mm一箇所を外し包み込んでいる固定板を開きフィルターを車体から外します
DCF00035_R.JPG

そうしたら燃料ホースを外しフィルターを車体から切り離します ホースはクランプで止められてますので6mmまたはプラスネジでクランプを外しホースを外しましょう
外した図
DCF00042_R.JPG

この時、ホース、フィルター内に残っているガソリンが50cc程垂れますので気を付けて下さい
摘出した何時交換したか不明なフィルターと新品
DCF00041_R.JPG

あとは逆手順で組んでいけば作業はおしまいです
あと燃料ポンプリレーのつけ忘れに気をるけてください
交換後は燃圧が上がったのかブーストの掛かりが良くなった気がします それと若干燃費が向上した気がします
効果が体感できる作業ではありませんが、気になる方はやってみると良いかもしれません

〜追記〜

さて外した燃料フィルターを興味が出たので中身を割ってみた
蓋を開けた図
F1.JPG

中身はろ紙のようなものがクルクルと巻かれています
F2.JPG
DCF00093_R.JPG

新品の色が白だとしたら物凄く汚れていますね(汗)
交換した日は定かではないですが、10万kmは変えていないと思われます
このフィルターを触ってみると茶色い物体がついたので何らかの不純物またはサビなどが沢山付着しているのが分かりました。
こんなにゴミが付着して良く燃圧が下がらないものだと感心 感心と言うか燃圧も結構ギリギリだったのかもしれません

posted by marchyoo at 08:43| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニーの整備&記録(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。