2011年03月15日

とんでもない事に・・・

先に被災された方々にお見舞いを申し上げます

先週に発生した地震の影響で仕事はストップ
そんな訳で仕事が始まるまで休みを頂き帰ってきました。
まず自宅の被害状況はゼロ
新潟市内も相当な揺れを観測したそうだが、何にも無くてよかった

話は地震発生時になりますが、私はそのとき中休みで睡眠をとっていました(汗)
3時50分頃だったかな・・・ 突然ベットが揺れだし目が覚める
目を開くと電灯が頭上にあるのだが、左右に激しく揺れていたを覚えている
一分ぐらい揺れていたのだろうか
そのときは凄く時間が長く感じられた
揺れている時はそんなたいした地震ではないだろうと正直思ったが、となりから聞こえる悲鳴や動揺をしている他の人の声が聞こえたので相当な揺れだったのだと気づく
地震の状況を知ろうと思ったが仕事が始まる寸前だったのでテレビを見る暇も無く仕事へ戻る
職場の中の話を聞いていると、東北地方で大きな地震が起き被害が出ているそうだった
そんな話を聞いていると友人や家族のことが心配になり仕事中頭があまり回らなかった
仕事を終えテレビを見ると被害は自分の想像をはるかに超えるものであり、各地で火災や行方不明者が出ていてしばらく呆然としていました。
急いで友人や家族の安否を撮ろうと携帯から電話をしてみるが、この地震で回線がパンクしていて中々繋がらない・・・
固定電話も繋がらない
更に不安はつのりその時は中々寝れなかった
追い討ちをかけるように又もや激しい揺れで目が覚める
建物自体がギシギシと音を立てて揺れ暗闇のなか夢なのか現実なのかもう訳がわからない
何とか頭が動くようになり起きようと思ったら携帯電話から聞いたときの無い着信音が流れる
まるで火災報知機のような音だ
携帯を見てみると緊急地震速報のメール受信だった
初めてのことだったのでここでも少し動揺しました
結局この日は寝れず朝を迎えた
この日はとても晴れていてまるでさっきまでのことが嘘のようにまで思えるほどの天気だった
朝の仕事を終え職場の人とテレビを見ていると、目を疑う光景が流れていた
家がや自動車が津波で流され石油コンビナートや市街地、山からの火災
更に原発の冷却装置が壊れ炉心の温度が上がりメルトダウンが起きる寸前とか、放射能が漏れているなどの被害の状況が流れに流れた
一番印象的だったのが津波の映像
スマトラ沖地震の時よりインパクトが強かった
この時初めてとんでもないことが起きてしまった・・・ のだと気づきました

何とかこの後に連絡が取れなかった友人や家族と連絡が取れたので一安心
これから更に被害の状態が明らかになるでしょう・・・



あらためて被災された方々にお見舞いを申し上げるとともに本日の更新を終了させていただきます。





posted by marchyoo at 11:03| 新潟 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする