2010年11月19日

ZRX400の点火プラグを交換してみよう

点火プラグの交換作業はバイクの整備に当たってオイル交換の次にメジャーな整備ではないでしょうか?
ZRX400の指定プラグ(NGK CR9E)
DCF00177.JPG


キャブレターから作られシリンダーに送られ圧縮された混合気に点火させピストンを直線運動に変える工程にあたって重要な部品にあたるのが、点火プラグです。
この点火プラグを交換しないとエンジンの始動が悪くなったりミスファイアの原因になってきますので定期的な交換をオススメします。
メーカー指定の交換推薦時期は二輪の場合3000〜5000kmとなっていますが、そこまでシビアに考えなくていいと思います。
私の場合、1万kmで交換していますがそんなに問題などは起きませんでした。
ですが、車体の状態や車種によって異なってきますので参考程度にして下さい


〜プラグ交換編〜


用意するもの

・ソケットレンチ
・プラグレンチ(車載工具で入っています)
・点火プラグ

今回、使用するプラグはZRX400指定のCR9E(NGK)です
その他イリジウムプラグなどの高性能プラグなどがあります
イリジウムプラグはパワーが向上、燃費UP、始動性の向上など様々な利点があるそうですが、普通のプラグとの値段差は倍近くになるので懐と相談してチョイスして下さい。

さて、ZRXのプラグ交換に話は移りますが、これがまた結構面倒くさい作業になります
ゼファーやXJRなどの空冷エンジンの場合、シリンダーヘッドの形状上プラグ交換が容易です
ゼファーなどはプラグが直接エンジンから出ていますので物の数分で取り外しが可能になってきます

ZRXの場合はそうはいきません
プラグホールの箇所がエンジントップにありますので、どうしてもガソリンタンクを外さなければいけなくなってきます

ガソリンタンクの脱着は以前、記事にしていますので下のURLをリンクしてください
http://marchyoo.seesaa.net/article/128185850.html

上手くタンクを外すことが出来たでしょうか?
そうしたら、シリンダーヘッドの上にあるゴム製のカバーも外します
DCF00165.JPG

年式によってはこのゴム製のカバー無い場合があります
あと、これまた年式の話になってきますが、高年式なるにつれブローバイやら二次空気何とか装置などでヘッド周りがごちゃごちゃしてきますので、プラグの交換は多少違ってきますが、基本的に作業は一緒だと思います。

そうしましたら、プラグキャップを外しプラグを外します
画像はプラグキャップを外したものになります
DCF00162.JPG


プラグを外すにあたって使用するプラグレンチ(車載工具)
DCF00163.JPG

プラグレンチが無い場合はバイク屋さんなどで調達してきましょう
プラグレンチの内径は確か16mmだった気がします
プラグホールにプラグレンチを差込、反時計回りに回しプラグを取り外します
取り外した点火プラグ
DCF00164.JPG

電極がキツネ色に焼けていますので良い感じかな
でもちょっとカーボンが溜まっているので燃調がこいかかも知れません
と、まあプラグの焼け具合を観察することによってエンジンの調子が判ってきますので、ついで観察しておきましょう
プラグの焼け具合やその調子などはデンソーさんで詳しく解説してありますので要必見です!
http://www.denso.co.jp/ja/products/aftermarket/repair_parts/plug/basic/diagnosis/index.html

プラグを全て外したらプラグをエンジンに取り付けていきますが、プラグのねじ山に耐熱グリースなどを塗っておくと作業がやりやすくなります。
注意点ですが、プラグを回しすぎるとプラグホールのねじ山がねじ切れる場合がありますので気をつけてください
こうなった場合はヘッドの交換かねじ山の修復になり相当な額のお金が飛んでしまうのでくれぐれも注意です
プラグを付け終わりましたらあとは逆手順の作業をしていきプラグ交換は終了です

最後になりますが、プラグキャップにも差し込む場所がちゃんとありますので、同じ箇所に差込ましょう。
一箇所でも間違えると、エンジンが掛からなくなるか、アイドリング不調、ふけ上がりが悪くなるの症状がでますのでこちらもくれぐれも注意しましょう。


おまけ
プラグキャップの配線の位置はこうなっています
配線取り回し図.jpeg

@〜Cの数字は各気筒の番号です(サービスマニュアルに従って左から番号をふってあります)

posted by marchyoo at 00:14| 新潟 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ZRX400 整備&メンテナンス記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする