2010年05月24日

秋山郷

日曜日に以前から行ってみたかった秋山郷に行ってきました

何たって平家の落人伝説が残っていたり温泉施設が無数に点在するなど、なかなかロマンが満ち溢れる場所だと私は思う

下調べはGoogleマップで必要な情報をメモしただけ



〜AM3:00〜

酔いつぶれた友人Y氏を置いて置き家を出発
目覚まし時計をセットしておいたが、ちゃんと起きれたが不安である

〜AM3:45〜

コンビニにて小休憩
朝飯代わりとしてカップラーメンを食べる

〜AM5:30〜

国道405腺に到着
後はこの道を真っ直ぐ進めば秋山郷へ到着なのだが…

友人 「HAHAHA〜道がイニシャルDみたいだぜ!」

DVC00192.JPG

私 「たのむからスピードを控えてくれ(汗)

この時は法定速度を守っての運転だったが以前の事故からカーブがものすごく怖いのである

山を登るにつれ車線が1車線に狭くなる国道
DVC00190.JPG

しかも道の脇にはガードレールも無い
もちろん下は断崖絶壁な箇所が無数に点在…
坂も急勾配でヘアピンの連続、転落したら一巻の終わりになってしまう道
運転手は相当な疲労が溜まる道だと思う

だけど断崖絶壁からの風景は格別なものであり、これぞ秘境と言われる意味を感じました
DVC00201.JPG

ここまでは順調だったのだが、下調べが不十分すぎて目的地を数十キロも過ぎていたのは行き止まりの看板が見えてきてから気づいたのであった…

地名も実際は調べた物と全く一致せず、看板すらあまり立っていなかったので…これぞ秘境マジック!

やっとのことで着いた目的地1の結東温泉萌木の里 栃の実館

DVC00193.JPG

到着した時刻がまだ営業前だったので車内で睡眠

三時間後…営業を始めたので、入浴料500円を支払いまずは室内温泉を堪能

大きな窓から見える景色は山がとても綺麗
秋に来ると紅葉を見ながらの温泉は最高じゃないかな
室内風呂を堪能したら今度は少し場所が離れている露天風呂へ

DVC00195.JPG

親切に看板が立っているので、今度は道に迷いませんヨ

この道奥が露天風呂 山彦の湯

DVC00196.JPG


徒歩3分ちょいで到着
DVC00197.JPGDVC00198.JPG


さて露天風呂でもはいるか!

DVC00199.JPG

ここからは山全体が一望でき景色は申し分ない
秋なら室内風呂同様に紅葉が最高だと思う

だけど、源泉がちょっとぬるいせいか、全体的に少しぬるい
適度?にぬるいせいもあり長時間湯船につかれます
それとすぐ上が女湯などで、もしかしたら…ゴクリッ…

そんなスケベ話や馬鹿話をしながら露天風呂を楽しみ岐路につきました。

今度は更に山奥、切明温泉にいきたいZE

posted by marchyoo at 09:32| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。