2010年01月28日

いったい何キロ出ていたんだ?

つい二日前の出来事である

3年最後の期末テストを向かえ赤点が付かない様に勉強をしていたが、0時を向かえる寸前についに私の頭が許容範囲を超えオーバーヒート

どうも頭の中では理解が難しい数式や単語がぐるぐると回っていて思考がまとまらない

この現象を吹っ飛ばすべく気分転換に深夜のバイパスを走ることにするのが私の頭に浮かんだので夜の寒さで冷えたエンジンに火をつける

さてバイパスを何時ものルートで走っていると後ろから此方に急接近してくる車のヘッドライトの灯りが迫ってくるではないか!

私は邪魔になると思い高速斜線から外れると、その車は私の横を結構な速さで過ぎ去るが、どうしてもその後に着いて行きたくなるのが性である

トップギアから二段落としアクセル全開

エンジン回転数は裕に10000万回転以上を超えマフラーから吐き出される高い排気音と風切り音がヘルメットの中で反響する

速度が上がるに連れて見えてくる銀色の巨大な車体

その特徴的な車体から私はその車はベンツなのではないかと頭の中に浮かんだ

前の車も後ろから迫ってくる私に気づいたのだろうか、猛烈な速さで速度を上げていく

こちらも着いて行くべく5速からアクセルを更に上げるが中々距離が縮まらない

私は6速にシフトアップしアクセルを開けるが、ついにZRXは速度を伸びるのをやめた

そうリミッターが反応し180km以上速度が出ないのである

だが前を走る車は一向に加速を続けるが、ZRXにはこれ以上はの追跡は無理だと判断し私はアクセルを緩め普段の速度に戻った

180km以上を過ぎても加速を続ける前の車はいったい何キロ出ていたのだろうか?

多分200kmは軽く超えていたであろう。ただそれだけが私の頭を回っていた。

やっぱり車は速いね!!

だが今回は危険な走行をしてしまったので反省している。

その罰が当たったのか、その日のテストが全滅したのは言うまでもない(笑)



posted by marchyoo at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイナー車ZZR500

超ド級マイナー車でもあるZZR500

ZZRシリーズを上げてみるとZZR1400、1200、1100、600、500、400、250とここまで見慣れる数字があるが600と400の間に500という数字が見える

そんな訳でZZR500を調べてみると輸出向けで1990年から94年までの4年間のわずかな間で生産されたらしいです。

前期のC型から後期のD型までがあるとの事らしいです。

さらに調べてみて気なったのがD型のほうである

D型の機種名が ZX500-D1 ZZ-R550となっています。

そこで一つ疑問意思った事があります。

最後のZZ-R550とは何なんだ!?

もしかすると500の次にZZR550とゆうのが存在するのかも知れませんが詳細は不明です・・・

とりあえず年式が古い順からまとめてみると

ZX500-C1 ZZ-R500 1990年

ZX500-C2 ZZ-R500 1991年

ZX500-C3 ZZ-R500 1992年

こっからマイナーチェンジ?

ZX500-D1 ZZ-R550 1993年

ZX500-D2 ZZ-R550 1994年

こっからは不明・・・

ZZR500又は550は1994年で生産終了とのこと

ZZR500も気になるが550の方も気になる所

それとZZR500/600のエンジンパーツを手に入れる事でZRXの排気量を500cc又は600ccのボアアップにすることが可能だそうです。

ZZR600のエンジンパーツはまだカワサキから供給されているが、ZZR500のほうはどうやら供給していないらしく残るZZR500のパーツは在庫だけだそうです。


〜その他の情報〜

ZZR500の詳細画像が見ることが出来ます
http://www.thetopbikes.com/kawasaki-zzr-500/

ZZR500または550の機種のまとめ?
http://www.megazip.ru/ru/bike/kawasaki/view/1476

*追記 ZZR500 CとD型のパーツカタログを発見(500化にするときに役立てて下さい)
http://www.cmsnl.com/kawasaki-zx500_model12797/
その他、各メーカーのパーツカタログが載っていて便利です。

posted by marchyoo at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

悲劇よ再び

カムキャップボルトが見事に折れました\(^o^)/


100125_164951.jpg

頭がパーンな状態でやったらこのざまだよ!

このほかにもクリアランス測定中にシックネスゲージをカムチェーントンネル内に落としたときは正直青ざめました。

磁石を使って何とか救出することが出来たので事無きを得ましたが、もし磁力を持たないシックネスゲージだったらどうなっていた事か…

想像しただけでゾッとします(大汗)

良くない事ってなんで連鎖するのだろうか?

そんな訳で頭がパーンな状態で作業をすると、ろくなめに会わない事が実感できる日でした。
posted by marchyoo at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ZRX400-II その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

ZRX400 バルブクリアランス調整中...再

以前注文したパーツが届いてから数日が過ぎやっとバルブクリアランスに手をつけることに

この季節は寒すぎるので個人的に作業はしたくはない・・・暖かい部屋に篭るのがベストだと思う

そんなことを考えたら負けかなと思いながら作業に移ります。

 *注 この作業はオイルまみれになりますので、いろいろと注意してください。

得にキャブと連結しているエアクリとインマニが、この寒さだとゴムが硬化してキャブを外すのにも一苦労

カムシャフトをバラスまでの工程は以前もやったので割りと難なく進みました。

そして今回の主役なのだが後に悲劇の原因となるMr.シム
100109_161828.jpg100109_162529.jpg

こいつはカムとバルブの隙間を調整する大事な部品だが一個、704円と何気に割高なシム

決してリーズブルな値段ではない(汗)

100109_162038.jpg

大きさは直径6_程で厚さは3.50〜2.50_から0.05_刻みで売られています。

それにしても値段がたかs(ry 

値段の事をグダグダ言っていてもしょうがないので作業に移ります。

先ほど紹介したシムをクリアランスがずれていた箇所に付けます

100109_162206.jpg

写真はタペット(銀色の筒状なもの)を外してシムをはめ込んだ状態のものです

クリアランスを調整する箇所全部にシムを入れ替えたらカムシャフトを組みクリアランスが正常な値かたしかめるスーパーどきどきタイム

何せここまでで手はオイルでベトベトだし、おまけに気温3℃のなかでの伏せながらの長時間の作業だから足の関節は悲鳴を上げるわなんののあげく、ここまでの作業時間は9時間も掛かったのだから・・・

さて、スーパーどきどきタイムでもするかな

1、2番規定値でOK 3番排気側一箇所0.06 4番の排気側も一箇所0.07・・・・っえ!?・・・orz

調整したはずの箇所がずれているだと・・・・!?

おまけに基準値内であった4番がずれている謎の現象が起きる始末

ちゃんと測定して選んだはずのシムに変えてるいのにずれているだと!?

てか、なんで4番がずれる!?

何故だ・・・何故!?!?

サービスマニュアルの調整一覧表の通りにシムを選んだのに!?

何故に4番がずれるううぅぅぅぅぅぅぅうう!?

ここまでの時間(9時間)はなんだったんっだ・・・・ ファッ○ー!!

何故ずれて・・・・なぜzざqwvftrbgんひゅj。lp;¥「¥





次回につづく 










2010年01月13日

TEH 芝刈り機

何故かは分からないけど芝刈り機の動画を集めてみた。


芝刈り機にジェットエンジンを搭載(後編で意外な結末が!)

それにしても、この親父ノリノリである。

前編


後編



どうやら芝刈り機も空を飛ぶ時代が来たそうです

空飛ぶ芝刈り機



世界最強の芝刈り機

スペック
刈り幅:14m
出力 :350KW(480HP)
速度 :移動時40km/h 作業時21km/h



CGによる動作デモ



パワフル芝刈り機



アメリカ製芝刈り機


いろいろと問題があるようにみえます。



〜おまけ〜

*注 グロテスクなシーンが含まれていますので、観覧は自己責任でお願いします。

プロレスで芝刈り機を使用




posted by marchyoo at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

2010年

新年明けましておめでとうございます。

そして、今年も宜しくお願いします。


今年の目標は、普通自動車免許と大型自動二輪免許と第二種電気工事士の資格を取得しようと頑張っていきたいと意気込んでいます。

今年こそは白川郷に出没したいと目論んでいますが、その他にも秋山郷の温泉地帯や草津温泉などや、とあるパーキングエリアで出会ったハ−レー乗りにのおっちゃんに教えてもらった青森県の山奥にある秘湯?である混浴温泉にも突撃予定です。

できれば、北海道にもいきたぞ!

気まぐれに痛車関連の物も作っていこうかと・・・


〜コメント返信〜

Yukari+ 様

こちらこそ宜しく願いします。






posted by marchyoo at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする