2009年12月31日

今年一年をふりかえると

今年の一年間を振り返るといろいろな所に行ったり、やったりしたと思います。

今年は念願だったバイクを購入することができ色んな所を走って回る一年だったと思います。

まず東北一周を初め記事では書いていない能登半島24時間で一周や二人乗り東京めぐり、その他県外ぶらり旅などで今年4月から今の12月の間での総走行距離は43380km
買った当初は約22000kmだったオドメーターが43380kmを刻み、この8ヶ月間での走行距離は約21380kmとなりました。

今年は前から言っていた白川郷に行けなかったので来年こそは!

それとバイク乗りなら一度は訪れてみたい北海道にもチャレンジしてみたいと計画中です。

短大に進学が決まったので、あと2年間は全国を走り続ける予定です。

そんな訳でバイクだらけの一年だったと私は思います。

最後にこのブログを見てくださった方々によいお年を!
posted by marchyoo at 13:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

ボッキリ

今日、起きた出来事

この前、タペットクリアランスを測定するためヘッドカバーを外していたのだが、今日なんとなくカムシャフトを組んでヘッドカバーを閉めようとボルト絞めていたら

ボキッ・・・・

鈍い音とともに空回りするボルト

やっちまった(汗)

見事にヘッドカバーを留めるボルトが一本ねじ切れてしまった\(^o^)/

091224_152440.jpg

左 正常なボルト 右 ねじ切れたボルト

どうやら増し締めしすぎて折れてしまったらしい

幸いな事に折れた部分は難なく外れ、カムキャップのネジ穴は死なずにすみました。

今日はクリスマスだから運が良かったのかもしれない。

いや逆か・・・

ヘッドカバーを付ける時は無理な力で絞めないように気を付けましょう。

やっぱりトルクレンチは必衰だと痛感した日でした。
posted by marchyoo at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ZRX400-II その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

24年ぶりの大雪

私の住んでいる新潟市は先週の17日から18日にかけて大雪が降り交通機関がストップするなど大変でした。

私は学校まで自転車で通学しているのですが、流石に一晩で30cm弱も降ると自転車では通学できません。

むしろチャレンジしてみたのですが、自宅から1km進むと雪が車輪にまとわりつき走行不能。

あっけなく私のチャレンジは撃沈…

何時もの12月はこんなに雪が降りません。むしろ去年は降ってなかった気がする。

大雪の詳細はここで


庭にあるバイクにもこんもりと雪が!
091218_161639.jpg091218_161617.jpg

これでは愛車のZRXも見る影もありません。

チャリのサドルにも結構積もっている状態
091218_162101.jpg

隣にあるコーヒー缶は約9cmなのでその二倍は積もっています。

冬はバイクに乗れないので、来年のために整備でもするかな〜。
posted by marchyoo at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

ZRX400 バルブクリアランス調整中...

説明が下手くそなので上手く説明できませんが、バルブクリアランス(タペットクリアランス)とはカムシャフトとバルブが接触しない時の隙間のことらしい。

詳細が知りたい人はバルブクリアランスで検索してみよう!

走行距離が増えるとバルブ、バルブシートの摩擦など、その他もろもろの原因でバルブクリアランスが広くなったり狭くなったりします。

上記のような事が起きるとどのようなことになるのか?

クリアランスが狭いとバルブとシリンダーが密着せず圧縮不足を起しパワーロスの原因になったり、高回転域でバルブとピストンが接触するなど、あまりよろしくない事があるようですが逆に広いとエンジン調子自体は良いみたいですが、バルブが上手く開かなくカタカタやカチカチなどの異音がシリンダーヘッドからするそうです。
どちらにせよ広かろうが狭かろうがパワーロスの原因になりエンジン本来の性能が発揮できません。

走行距離43300kmほど走った私のZRXもシリンダーからカチカチと異音が聞こえてきたので、この冬の間にバルブクリアランスを調整してみますと言うか調整中です。

今回使用したもの

マイクロメーター
091222_143515.jpg

シムの厚さを測るときに使用


シックネスゲージ
091220_153439.jpg
バルブクリアランスを測定するのに使用
厚さは0.01〜0.35ミリほどの物を使うのですが、私は安物を買ってしまったので本来重要な0.01〜0.03ミリがありません。(ここら辺は感で測定 *マネしないでね!

こんな具合でシックネスゲージを使いバルブクリアランスを測定します。
091220_153423.jpg

バルブクリアランスを測定するときシックネスゲージを隙間に刺して測定をするのですが、無理にシックネスゲージを差し込むと何枚も違う厚さのものが入ってしまい本来の正しい測定値が出ませんので、無理をしないでシックネスゲージを刺しこみましょう。

私が教はったシックネスゲージを差し込む感覚は羊羹(ようかん)に包丁を刺し込むぐらいの感覚だと教えてもらいました。
中には、う○こに爪を刺すぐらいなの…意見もあります。

測定する箇所は4バルブ4気筒なので16箇所なので気長に余裕を持って行いましょう。


私の測定結果はこうなりました。(車体左からみた測定値です。)

排気側 

1番 0.22 0.21 2番 0.22 0.22 3番 0.22 0.17 4番 0.23 0.22

吸気側

1番 0.06 0.09 2番 0.12 0.09 3番 0.08 0.14 4番 0.12 0.12

標準値

排気側 0.20〜0.29mm 
吸気側 0.10〜0.19mm 

赤文字で示しているのは測定値から外れているので要調整です。

まさか、こんなに多くずれているとは思わなかった…orz

測定値外の箇所はコレット内にあるシムの厚さを測り、正しい厚さのシムに交換します。

インナーシム式のZRXはカムシャフトを外さないとシムの厚さを調べられません

外したカムシャフト
091220_191237.jpg

シムの厚さを測定したらサービスマニュアルに記載されているバルブクリアランス調整一覧表をみて正しい厚さのシムを探します。

あとは純正部品を取り扱かっているバイク屋さんなどでシムを注文しましょう。

ちなみにシム一個の値段は704円と高いです!

私は5箇所も交換するので3520円その他の純正部品で5000円弱の出費・・・

それと儚月抄の続編が出ていたのを最近になって気づきました。
来週の給料日辺りに買おうかな。


2009年12月13日

スーパーカブ250

ホンダの創業者である本田宗一郎氏が「蕎麦屋の出前持ちが片手で運転できるようにせよ」と言う条件に答えて作られたのがスーパーカブ通称カブである。

カブのエンジンは芝刈り機のように単純な構造らしく、それ故エンジン自体の耐久性はとても高くエンジンオイルの代わりに植物性廃油を入れても難なく動作したりするという。
それにビルから落下させてもエンジンが始動する伝説もあり、その耐久性には驚く。
燃費の良さも他のバイクよりもズバ抜けており形式にもよるが1L100km以上も走るバイクである。

今日、郵便や新聞配達などや一般の足として使われているバイクの殆どがスーパーカブであり、世界で一番生産台数が多いバイクとしても知られています。


そんなスーパーカブに水冷4気筒250ccのエンジンを積んだモンスターが登場

その名もスーパーカブ改250

まず、一般に知れれているスーパーカブの動画を紹介しておきますのでそのあとにモンスターと化したカブをご覧頂けるとバイクに詳しくない方々にも違いが分かると思います。

一般のスーパーカブ



モンスターと化したスーパーカブ改250


世の中にはいろいろな物を作る人がいるようですね。


〜コメント返信〜

BKR-479m 様

顔面には勘弁して欲しいですね…

私の住んでいるところにもGoogleが来ているので、近いうちにGoogleがそちらのほうに進出するのでは?

posted by marchyoo at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

確立何パーセント?

17年間生きてきた中で初めて鳥の直下型ボム(糞)が首筋に被弾したこと

しかも、ボムが直撃したのを知らず学校に行き友人に「お前の首筋に鳥のウ○コがあぁぁぁぁぁああ」と言われるまで気づかなかった…orz

普通に通学していて鳥のボムに当たる確立って何パーセントくらいなんだろと疑問に感じた今日の頃

それとGoogleマップの機能であるストリートビューに驚いたことがあった。
私の住んでいる田舎町までストリートビューされていること。
もちろん私の家もバッチリ写ってました
posted by marchyoo at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする