2009年09月30日

ZRX400のカムチェーンテンショナの調整をしてみよう

前回はヘッドカバーを開けカムチェーンの状態を見たがどうやらカムチェーンは伸びきっていないようだ。

それなのに、エンジン始動時には酷いほどカラカラカラとヘッドカバーの辺りからカムチェーンらしい異音がするし、アクセルをを開けたあとはカラッカラッカラッとカムチェーンが何処かに接触しているかのような音がする。

カムチェーンテンショナが何らかの原因で作動不良を起して上手くカムチェーンを張っていない状態なのではと思いカムチェーンテンショナを新品に交換したが効果はなし・・・orz

前回使用したテンショナ(右)とテンショナガスケット(左)
DSCN1028.JPG

もしかしてカムチェーン以外の異音なのでは?と疑ったがどう聞いてもカムチェーンの異音以外には思えない。

そして、いろいろ調べているうちにテンショナのノッチを手動で詰めることで異音は解消されるらしいと知り試してみることに


〜カムチェーンテンショナ調整編〜

*注意 作業は自己責任でお願いします


そんな訳でキャブ中央下にあるカムチェーンテンショナを手動でノッチを詰めてみます。

DSCN1029.JPG

手動でノッチをを詰めるにはテンショナを外さないといけないので、キャブを前もって外しておきましょう。

それとテンショナを外す際は先にテンショナ本体を外してしまうと、中に入っているバネの弾力でノッチが進んでしまい、もともとのノッチ段数が分からなくなるのでテンショナ中央の大きいボルトをはじめに外し中のバネを抜いておいたほうが良いです。

DSCN1034.JPG

テンショナを外すとこんな具合になります。

構造はカムチェーンが伸びると中のバネが弾力によりテンショナを押しチェーンガイドが前にでてカムチェーンの伸びを張るという仕組みだそうです。

今回は何らかの原因でテンショナが前に押し出されずカムチェーンに若干の弛みが生じ中の部品等に接触し異音が発生すると予想を立てたので、その前に出ないテンショナを手動で調整してみます。


090929_150754.jpg

私のノッチ段数は12ノッチだったので1ノッチ詰め13ノッチにしてみます。

ノッチはテンショナのギザギザの溝だと思ってください。

大体は1〜3ノッチ詰めで効果があるらしいのですが、2ノッチ詰めてテンショナをエンジンに取り付けようとしたらなんとテンショナが着かない・・・! そんな訳で1ノッチ詰めです。

ノッチ詰めをしたらテンショナを取り付けるのですが、テンショナに打刻してある矢印マークをシリンダーヘッド向きにしましょう。

DSCN1037.JPG

もし、反対にした場合は最悪の場合はエンジンが逝かれ可能性があります。

テンショナを付けたらあとはキャブなどを元に戻し、エンジンが始動できる状態にします。

そしてエンジン始動・・・

カラカラ音からカワサキ特有のカシャカシャ音になり前よりも大幅にエンジン音は静かにされました。

カムチェーンの音は静かになり「エンジンてこんなに静かだっけ?」と思うほど静かになりました。

それにしてもオートカムチェーンテンショナのくせに手動で調整すことになるとは、カワサキだから・・・で済ませることにしよう!

カムチェーンの音が気になるかたはやってみる価値はあると思います。




追記 2010 10/29

強制ノッチ詰めをしてから2万kmほど走行しました
徐々にまたカムチェーンの音が煩くなってきたので1ノッチ詰め問題は解決

どうやら車種にもよりますが、2万kmほどで煩くなってきます



2009年09月27日

国体

ここ最近、やたら警察官を見るしヘリコプターが頻繁に飛んでいると思ったらどうやら新潟国体が開幕したらしい。

そんな訳で、ハードオフ・エコスタジアムに野球観戦をしにいってきました。

090927_100605.jpg090927_100228.jpg

この球場には初めて入ったけど電光掲示板の大きさにはビックリした。

なんたって本格的な球場がここいらには無かったもので・・・

それと田んぼのど真ん中にある球場なので、外野側に目を向けると田園風景が広がります。

一週間後に幕張メッセで開かれるイベントに友人の誘いで行くことになったので二回目の東京と千葉行きになります。

お金に余裕が無いので下道で行くことになり何時間掛かることなのか。




posted by marchyoo at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

買ってしまったZE

結構な前から欲しかった秋★枝さんのレイマリなどを総編集されている同人誌、初恋クレイジーを某オークションで5000円で買ってしまったZE

初恋クレイジー.jpg

そのほかにも、秋枝さんの同人誌が3冊ほど付いてきたので私的にはお買い得だったかも。

本の内容は上記のとおりレイマリを中心に展開していきとてもいい作品だと思います。

私の願望ですが妹様のほうも取り上げてもらえないかな〜。


それと、今日はZ1000 Mk-2なのかZ750FXのどちらかの角ZとZ1R-II とVF750Fなど旧車をみました。

個人的は角Zが二台も見れて思わず興奮

将来はZ-Uに乗りたいけど買えるかな…?

posted by marchyoo at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

ヘッドカバー

始動時にカラカラカラとまたカムチェーンの異音が気になってヘッドカバーを空けることに。

090923_153618.jpg090923_153544.jpg

私の予想ではカムチェーンが何らかの原因で伸び周辺の部品と接触したときに奏でる音だと思ったのだが、見た感じは得にヘッドカバーやそのほかのパーツにはカムチェーンが当たった痕跡もなくオイルにも鉄粉が混じっている形跡もない。

カムチェーンも規定値範囲の長さだし、もしや何らかの原因でカムシャフトチェーンガイドがやられてフロントチェーンガイドに接触するおとなのか?

そうするとシリンダーまで分解しないとなので、長い連休と暇があればそこまで原因を追求してみたいけどできるかな・・・

その時にはバルブクリアランスも計ってみようかな。



posted by marchyoo at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ZRX400-II その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

ZRX400-Uのクラッチワイヤーを交換してみよう

クラッチのを握ると普通ならスパッと切れるのだが、私の場合はクラッチワイヤーに油を注してもニュルッと切れるのでどうやらクラッチワイヤーがスムーズに動いてないらしい。

ここ最近クラッチを切っても車体が動くのでアジャスタで調整しても改善されない。

しかもクラッチが切れていないので酷い時はエンストもしばしば

どうやらクラッチワイヤーが伸びていると推測

そんな訳で今回はクラッチワイヤーを交換してみることにしました。



〜クラッチワイヤー交換編〜


用意するもの

・ラジオペンチ
・モンキーレンチ
・パーツクリーナー


カワサキ純正のクラッチワイヤー
090918_210613.jpg

値段は1460円と割と安いので買うときは純正部品を取り扱っているバイク屋さんもしくは部品屋さんなどで注文できます。

それと純正部品を取り扱っているお店が近くに無い場合は、純正部品を取り扱っているウェブサイトもあるので、そこで注文しましょう。



まずは、クラッチレーバーとクラッチワイヤーの接合部にあるロックナットを緩めアジャスタをねじ込んでクラッチワイヤーをフリーにします。
090918_211128a.jpg

ワイヤーをフリーにしたらロックナットとアジャスタにある溝を一線にしてワイヤーを外します、

そうするとクラッチレバー根元にワイヤーがはまっているので、そこを外します。

外すときは調整ダイヤルを5の位置にすると外れやくなります。

そしてフロントからクラッチワイヤー本体を外し次の作業に移ります。


090918_211212b.jpg

あとはクラッチカバー下にある二つのナット一杯に緩めればクラッチワイヤーが外れます。

あとは逆手順でクラッチワイヤーを取り付け遊びを調整しておしまいです。

変えた後のクラッチワイヤーはスパッと切れ車体も動かなくなりました。








ラベル:カワサキ U 400 zrx

2009年09月16日

ZRX400-Uのタンクを脱着してみよう。

バイクに乗っているといろいろと整備やセッティング、改造がしたくなりますが、燃料タンクを外さないと出来ないことが沢山あります。

ゼファーやXJR400などはタンクを外さなくてもプラグの交換などが出来ますが、ZRXはタンクを外さないとプラグ交換が出来ません。 orz

そんな訳で燃料(フューエル)タンクの脱着の手順をまとめてみました。



〜燃料(フューエル)タンク脱着編〜

*注意 作業は自己責任でお願いします。

それと、タンクを外す際はガソリンが少なからず漏れるので火気厳禁で作業しましょう。

最悪の場合はバイクが火達磨になります。


ZRX-UMK-2.JPG

今回は↑画像の燃料タンクを外してみたいと思います。


用意する物

・+ドライバーか六角ドライバー(10mm)
・ペンチ
・シリコンスプレー
・汚れても良いタオル


まずはシートを外しシート下にある燃料タンクを固定しているボルトを二箇所外します。

DSCN1006A.jpg

にょろっと出ている赤い線は気にしないでください。

このボルトを外すとタンクが幾分か動かすことが出来ます。

タンクを少し上に持ち上げ車体左下にある燃料コックに着いている二つのホース外します。
DSCN1007B.jpg

燃料ホースを外すときはコックをONかRESにしましょう。

この状態で外すとコックやホースに余っていたガソリンが少し出ますのでタオルなどで受けてやりましょう。

*注意 PRIの位置で燃料ホースを外すとガソリンがドバ漏れして大変危険です。

負圧ホースは外しても何も出ません。

タンクをずっと持っていると大変なのでタンクとフレームの間に何か物を挟んでやると作業が楽です。


DSCN1008C.jpg

今度は、タンク右下にある燃料センサーとオーバーフロードレンホースを外します。

私の場合は燃料センサーのカプラーが膠着していて外すのが困難だったのでシリコンスプレーを吹いときました。

これでタンクに付いていたホース、ボルト類は全て取れたのでタンクを後ろに引っ張り取ります。

取れない場合はタンクを左右に振りながら取ってみましょう。


DSCN1010.JPG

タンクが外れるとこんな具合になりさまざまな事ができます。


左右はこんな感じ
DSCN1009.JPGDSCN1011.JPG

HIDを装着しているので結構ごちゃごちゃしています。普通はもっとスッキリしています。


DSCN1010D.jpg

タンクを付ける時はフレーム左右にあるゴム製のダンパにシリコンスプレーを吹いてやるとスムーズにタンクがダンパにはまります。

タンクを外すとキャブの脱着も出来るようになります



2009年09月12日

スプロケとチェーン

9年もの38000kmもチェーンを交換していないからエキセンでのチェーンのたるみ調整にも限界を感じてきました。

今のところのスイングアーム左のチェーンアジャスタの目盛は左から3番目のところでたるみを調整していますが、見た感じチェーンが伸びきっているのと適正の範囲でたるみを調整しチェーングリスを塗ってもシャリシャリ音が前より大きいのでチェーンとF、Rスプロケットを交換することにしました。

F,Rスプロケットは見た感じでは、そんなに消耗しているように見えなかったがチェーン交換するときはスプロケットもF,Rとも交換するのが良いとの事なのでこちらも交換します。


注文したパーツ達
DSCN0982.JPG

・江沼(EK)QXシールチェーン ジョイント方式 106L 9600円ぐらい
・サンスター フロントスプロケット 16丁 2700円ぐらい
・サンスター ジュラルミンリアスプロケット 42丁 7600円ぐらい

上のパーツの値段は大体の値段です。

江沼のスクリュージョイントタイプはカシメタイプと違ってカシメをする専用工具がなくても手元にある工具で簡単にジョイントが出来るので選びました。

サンスターのRスプロケットはジュラルミン製なのでものすごく軽く丈夫だそうです。

それと、Fスプロケを純正の15丁から16丁にすることによって高速よりになり燃費が良くなるとの事なので、ふらふらと何処かに出かける私には良いかもしれません。

最近、痛車系の記事をかいてない気がする。

ラベル:zrx ZRX-U
posted by marchyoo at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ZRX400-II その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

ZRX400-Uの圧縮圧力を計ってみよう

今回はZRX-Uシリンダーの圧縮圧力を計ってみました。

何故、圧縮圧力を計るかと言うと走行距離38000km+9年前の車体がどれほどまで圧縮圧力があるのかを計ってみたかったと言う単純な理由



〜圧縮圧力測定編〜

今回使用した測定器と工具

・コンプレッションゲージ
・コンプレッションゲージアダプター10mm(多少加工しました)
・プラグレンチ
・+ドライバー
・グラインダー(コンプレッションゲージのアダプターを削るのに使用したのであってもなくても良いと思われます。)

*注意 測定は自己責任でお願いします。


コンプレッションゲージはツールズアイランドというお店で安く売っていたのでここで購入しました。
090910_101019.jpg

購入の決め手は価格が2000円弱と割とお手ごろで商品説明に「二輪車のDOHCタイプのエンジンの深いプラグホールにも使用可能!」と書いてあったのにやられました。

それとZRXにこのコンプレッションゲージを使用するとなると付属のアダプターではプラグ穴には、はまらないので別売りの10mmのアダプターが必要になります。
でもこちらも割りと安いので財布には優しい?

コンプレッションゲージ自体の品質は良く分からないけど見た感じはなかなか良さげな感じ

090910_100854.jpg

中国製ではなく台湾製

前置きは置いておいて本題の圧縮圧力の測定をしてみよう

続きを読む

2009年09月09日

結局は進学

題名のとうり就職か進学かものすごく迷ったが、いろいろと考えた末に進学することにしました。

私の学力では大学は到底は入れそうにないので工業系の短期大学校にギリギリ指定校推薦で受けることに決まった今日

後は面接でビシッと決めれば先生曰くおkとの事らしい

欠席日数は20日以上はあったがなんとか指定校推薦をもらえてよかったと心をなでおろしました。

バイトも明日で決まりそうなので、お金をがっつり稼いでZRXのカスタムと趣味に回そうと目論んでいます。

クラスの就職を希望をする人たちは今月が運命の面接らしい

どうでも良い事だけど月の綺麗な夜にバイクに乗るのはとても気が良くなる。

それと大気の関係?でたまに月が紅く見えるときがあるけどそのときは何故か不思議な気持ちなる。


最近のお気に入りのデスクトップ背景

123456.jpg



posted by marchyoo at 23:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

消耗品に消えていく

最近のお金の使いどころはガソリン代とZRXの消耗品に消えていっています。

キャブレターのフロートガスケット一個で700円弱は流石に高いと思うがしょうがないかなぁ・・・

でもゴムが700円は高いよなぁ・・・


そう言えば嬉しいことにガソリンが1リットル118円代に突入!

5〜6日に行った能登半島一周一人ツーリングのときは富山県で130円台、石川県で127円台でした。

でも新潟でも糸魚川や他の地域では120円台で私の行きつけのGSより少々高い。


最近は注油してもドライブチェーンのシャリシャリ音が目立つしチェーンもエキセンで調整できる範囲を超えそうなので奮発してチェーンとFスプロケット&Rスプロケットを交換することにしたのでこの時点で2万円弱が吹っ飛びました。

それと今回は燃費重視でFスプロケットの丁数を1丁増やし16丁にしてみました。

この効果でどれぐらい燃費が良くなるのが気になり楽しみでもあります。

リアブレーキPADも減りすぎ踏み込まないと効かない状態なのでここでも出費がぁあぁぁぁ

短期バイトで貯めた資金が底をつきそうなのでそろそろバイトを始めようかな。

posted by marchyoo at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

ゼファー VS ZRX-U

今回は友人が新車でゼファーχ(4バルブのほう)を購入したので早速乗らせてもらった。

1000kmの慣らし運転も終わり新車ともあって機関は絶好調

なんといってもファイナルエディション特有の手塗り火の玉カラーは吐息がでるほど美しくカッコイイ!

それと驚いたことが排気音がエンジン音より小さいこと

2008年式?ともあって排気ガス規制や騒音規制などが厳しいなかをクリアするにはしょうがない事なのかなぁ・・・

私のZRXのエンジン音はガシャガシャいってるのに対してゼファーχはCB400SFのようなヒュンッヒュンッといっているような感じ

ゼファーχに乗ってみると驚くほど乗りやすく全体の回転域でトルクがあり低速でも高速でもとても乗りやすいと思いました。

でも私のZRXのような、ある回転域に入るとドッカン加速するようなことはあまり感じられませんでした。


そして一番気になったZRXとゼファーχはどちらが直線で早いのか・・・

答えはやはりZRXのほうが早いといった結果が出ました。

2kmほどある直線をゼファーχとZRXのどちらが早く走れるかを並列して競うもの

乗ってみた感じはゼファーχの方が速そうな感じがして正直負けるのではないか?と内心思っていました。

そしてスタート地点に並び二台の違いを乗り比べるとゆうことしたいので私がゼファーχ、友人がZRX-Uに乗って競うことにしました。

友人と私は身長も体重も同じくらいなので身体の差は考えない事に。

私のZRXは今回はバッフル無しで高回転の伸びを重視してみました。

最初は40km/hで並列に走行し、スタート地点に入った瞬間にフルアクセルで競うことに。

二台は同じ速度で並列に走りスタート地点に入ったかと思うとアクセル全開

最初のほうはZRXとほぼ大差はないがやはり高回転までいくとZRXのほうがやはり速い

パァァァァアアアアアンと高回転まで伸びていく排気音を後ろで聞きうけながらどんどんと差は開く

私がのるゼファーχは1万回転からの伸びがZRXに比べると伸びない。

やはりエンジンの設計が大幅に違うから当たり前のことか・・・

そんなことを考えている内に時速は180km/hに突入しリミッター効きこれ以上は速度が出ない

そして2kmを通過して直線ではZRXが速いことが分かりました。

だがゼファーχも私の思っていた以上に早く峠に入ればペイペイの私はZRXに乗ってもあっさりと抜かれると思います。

でも空冷のエンジンはやはり造形が美しい

それと身長が180cm以上ある私がゼファーχに乗るとどうしても膝がシリンダーヘッドにあたり熱い

ゼファー400に乗った時も同じ感じでした。




posted by marchyoo at 12:21| Comment(4) | TrackBack(0) | ZRX400-II その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする